INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

ランク5からレジェンド1位に到達したケレセスローグのガイドの翻訳

今回のデッキはケレセス公爵ローグです。

レジェンド上位のデッキってよく紹介されるけど、俺たちが知りたいのは、レジェンド到達するまでのデッキだよな。ってことで翻訳しました。

デッキコピーはこちら

AAECAaIHBK8EkbwCyb8CnOICDbQBjALtAtQFmQfdCJK2ApC8Ave9AoHCAuvCAsrLAqbOAgA=

 

元記事はこちら

KeleStealth Rogue [Rank 5 to Legend] - Hearthstone Decks

kuyayoさんありがとう。

 

デッキリスト

死角からの一刺し×2

影隠れ×2

冷血×2

怪盗紳士×2

シャドウレイジャー×2

シャク×2

SI:7×2

影の師匠×2

ネルビアンの解絡師×2

ファイアフライ×2

パッチーズ×1

南海の甲板員×2

ケレセス公爵×1

ジャングルパンサー×2

コバルト・スケイルベイン×2

リロイ×1

ボーンメア×2

 

以下翻訳

ランク5からこのデッキでレジェンドに到達できました。メタ外のデッキを使ってラダーを上がることはとっっっっっっっても楽しい事でした!

 

証明

f:id:colorcolor1128:20170922001640j:plain

ちなみにナーフの2日前に到達してるから、ドルイドとアグロデッキばかりいたってことは記しておく

 

デッキについて

このデッキはZBOZZによるRoyalty Rogueに触発されて作りました。このデッキは序盤のうちにボードを作って、アタックの高いミニオンで相手のヘルスにプレッシャーをかけるものです。そして、最終的にはバーストダメージで倒します。隠れ身の効果は冷血やボーンメア、影の師匠、コバルト・スケイルベイン、ケレセス公爵とのシナジーが期待できます。

このデッキは決して、2ターン目にケレセス公爵をプレイすれば勝てるというようなデッキではありません。

このデッキではコストの高いミニオンのせいで、序盤にプレイできるカードが無いという事態は殆ど起きないでしょう。

ケレセス公爵をプレイできなくとも、コバルト・スケイルベインやボーンメアの効果を隠れ身ミニオンにつけることで、バーストダメージを出すことができます。そして、それにより勝てます。

このようにね。

 

f:id:colorcolor1128:20170922001712j:plain

「っておいおい。このデッキには凍てつく玉座のカードが5枚しかないじゃないか。どうしてウンゴロ環境では弱かったんだい?」と質問が来るかもしれません。

それに対する答えが以下です。

 

ケレセス公爵をプレイして影隠れを使い、シャドウ・レイジャーを7/3まで育てられれば理想の展開です。

アグロに対してはテンポを取り続けましょう。あまり強欲になりすぎず、トレードも適度に行いましょう。例えば、シャドウ・レイジャーで泡を吹く狂戦士とトレードすることです。ヒドラは相手へのフェイスダメージのリソースとなります。ですから、相手のヒドラを武器で殴れるぐらいの余裕をこちらのヘルスにも持たせましょう。アタックが1のミニオンで殴るだけでも相手のフェイスにとてもダメージを与えられます。

 

コントロールに対しては、AOEに気をつけながらできるだけ早く試合を終わらせましょう。

待ち伏せのガイストにやられてしまうまで、冷血を我慢してはいけません。だいたい2ターン目までにファイアフライに付けてしまいます。

 

フレイムエレメンタルといった1マナミニオンを全て場に出してはいけません。出来る限りマナカーブに沿ってプレイしましょう。こういったカードをハンドに残すことで、コンボの起動に使えます。

 

3ターン目に隠れ身のミニオンが複数枚ハンドにあって、どちらを出そうか悩むかもしれません。そういったとき、私はヘルスの高いミニオンを出しています。例えば、シャドウ・レイジャーよりもジャングルパンサーを出します。そうすれば、ストーンヒルの守護者や苦痛の司祭といったミニオンを一方的に処理することができます。

もう一方のカードはバーストダメージのために置いておきましょう。

 

 

 

マリガン

常にキープ ケレセス公爵

 

対アグロ・テンポ・ミッドレンジ・コンボ

ケレセス公爵、ファイアフライ、怪盗紳士、SI:7諜報員、死角からの一刺し、南海の甲板員

 

対コントロール翡翠ドルイド

何としてでもケレセス公爵。これがなければシャドウ・レイジャーが霊魂鞭打にやられます。

ケレセス公爵がハンドにあれば、パッチーズを出すための海賊といくつかの呪文が欲しいです。

 

追記:ドルイドに対してはファイアフライと冷血をキープするようになりました。なぜなら、ドルイドは5/2を処理する手段を2,3ターン目まで持っていないからです。こうすることで5ダメージを与えられます。

 

 

 

マッチアップ

ドルイド

レジェンドまでの道のりの75%が翡翠かアグロのドルイドでした。このデッキに対して有利とは言えません。序盤でも言いましたが、アグロに対してはボードをコントロールします。残念ですが動き回るマナはどうしようもありません。

翡翠ドルイドに対しては、ボードにミニオン出して、フェイスを殴りましょう。そうすれば究極の浸食を使われたとしても勝てるでしょう。

ただ、翡翠の精霊とか翡翠の巨像をマナカーブ通りに出されると勝つことは難しいです。

虫害があるので、ボードにミニオンを出しすぎないようにしましょう。ファイアフライはコバルト・スケイルベインやボーンメアを持っている時かコンボの起動の時に出すようにしましょう。

 

パラディン

マーロックパラディンも多くラダーにいます。このデッキはとても有利です。

バフされないように相手のミニオンはきちんと処理していきましょう。1ターン目にマーロックのタイドコーラーに死角からの一刺しも使います。

追記:最近はコントロールパラディンとも時々マッチアップするようになりました。

これに関してはボードを広げすぎないようにしましょう。このデッキにはヘルス2以下のミニオンが多くいるので聖別によってボードを壊滅されやすいです。ですから出来る限り早くケレセス公爵を出したいです。そして、マナカーブに沿ってシャドウ・レイジャーやジャングルパンサーをプレイして影の師匠によってバフして聖別から逃れたいです。

平等と他のカードのコンボか火霊術師と聖別のコンボによってのみ、相手は巨大なミニオンを処理してきます。つまりコントロールパラディンはボードクリアに二枚のカードを使用するので、そんな奇跡はないと期待してプレイする事も必要だということです。もし相手のハンドに平等が無いと分かっているならば、ボードに広げまくりましょう。

 

ウォリアー

海賊ウォリは有利マッチアップです。ヘルスを保つためにひたすらボードをコントロールしましょう。このマッチアップで肝心なことは、相手は自らのヘルスと武器の耐久度を消費しなければ、シャドウ・レイジャーを処理できないと言う事です。相手はこれを処理するために5ダメージを受けます。相手にやられる前にバーストダメージで相手を倒しましょう。

海賊ウォリ以外には出会いませんでしたが、挑発ウォリには間違いなく負けます。

 

ハンター

これも有利マッチアップです。アグロデッキに対してはとにかくボードコントロールです。もし相手がDKをプレイしてきたら、こちらのミニオンは全て処理されるので、最悪です。ゴラッカ・クローラーがいるかもしれないので、海賊を出すことは避けます。パッチーズと甲板員はトレードのためだけに出します。

 

シャーマン

進化シャーマンに対しては、他のミッドレンジデッキに対しても同様なのですが、ボードをコントロールしつつ相手のヘルスにプレッシャーをかけます。炎の舌のトーテムとボーンメアには警戒しつつ効率的なトレードを行います。ドッペルギャングスターと進化のコンボを使われる前に勝てます。困難であるとは思いますが、相手のミニオンは血の渇きのバーストダメージや5ターン目にあるDKの効果による進化を避けるために全て処理したいです。退化は辛いですが、ミニオンは残るのでまだマシです。

 

ローグ

完全に有利です。相手は回復手段がないので、フェイスにダメージ叩きこんでバーストダメージで勝ちです。

 

メイジ

エストメイジは簡単なマッチアップです。一回しか負けませんでした。しかもその敗因はマナカーブに沿った全体除去でした。

 

秘策メイジも有利なはずです。鏡の住人は1マナミニオンをハンドに残しておくことで無効化できますし、こちらのデッキには良い呪文がないので呪文相殺も無駄です。

 

レジェンド帯では多くのコントロールメイジに対峙しました。そうして分かったのですが、コントロールメイジに対してこのデッキはとても不利です。凍結とフレイムストライクがとてもきついです。DKをプレイされれば絶対に勝てません。もしメイジに多く当たるならば、スペルブレイカーをデッキに入れましょう。

 

ウォーロック

全体除去と回復が豊富なので、不利マッチアップです。ライフタップ分のダメージを回復されるのを防ぐために、超ウザい調剤師はすぐに死角からの一刺しを使って処理します。できるだけ全体除去に警戒しながらDKをプレイされる前に素早く相手を倒しましょう。

 

プリースト

レジェンドまではプリーストと対決しなかったのですが、レジェンド帯ではよく当たります。正直に言ってこのデッキはプリーストによって粉々にされます。カザカスプリーストに対しては一回も勝てませんでした。相手は豊富な回復手段と全体除去を持っています。プリーストは6以上もの全体除去手段を持っています。さらに影の幻視によってさらに増えます。更に悪い事に、バーストダメージ圏内までいっても、回復ポーションで回復されてしまいます。

正直プリーストメタにおいては、このデッキは厳しいと思います。何かアイデアがあったら教えてほしいです。

 

追記:プリーストはとても厳しいマッチアップだと今でも思います。しかし、段々と勝てるようになってきました。シャクをメタカードとして入れるようにしました。ケレセス公爵と同様にシャクも絶対にキープします。マナカーブ通りに出して、4ターン目に影の師匠を出すのです。そうすれば、アタック4のミニオンをプリーストは処理できないので、8ダメージを与えることができます。

プリーストに対しては、手札事故を祈るしかありません。ボードを広げ過ぎてはいけません。コバルト・スケイルベインはドラゴンファイア・ポーションでも処理されません。相手がこのカードを処理するには密言:死しかありません。

相手にダメージをとにかく与えたいので、武器で相手のフェイスを殴る事をためらってはいけません。

 

 

テックチョイス

このデッキリストはレジェンドに上がるまで使ったもので、少しだけ変更もあります。

以下のカードと入れ替えたりしても全然良いと思います。

 

エドウィン・ヴァンクリーフ:このカードはレジェンドに上がるまで使っていました。しかし、途中で、このカードを無力化する沈黙カードが多く存在していることに気付きました。このデッキには0マナのカードが少ないので序盤にエドウィンをプレイしても巨大化はしません。せいぜい4ターン目に4/4でした。ですから現在では使用していません。

 

疫病科学者:このカードは確実に翡翠ドルイドやコントロールデッキに対して、有効なカードです。もしコントロールデッキに多く出会うならば、SI:7諜報員と入れ替えましょう。

 

以下のカードは入れ替え候補です。

冷血:しばしば、待ち伏せのガイストによって破壊されてきました。何かのカードと入れ替えてもよいでしょう。

 

SI:7諜報員:有能なミニオン処理効果ですが、1枚だけでも良いでしょう。

 

リロイ・ジェンキンス:これはバーストダメージのリソースです。しかし、ネルビアンの解絡師と入れ替えたりしていました。

 

シャク:これは素晴らしいカードですが、私は元々使用していませんでした。もし持っていないならば何かほかのカードで代替可能です。

 

シャドウ・レイジャー:このデッキの核となるカードですが、他にメタに合わせたカードを入れたいならば一枚だけでも良いでしょう。

 

 

以下のカードはメタに合わせて入れたいカードです。

スペルブレイカー:挑発に強いです。メイジによく出会うならば終末預言者を無効化するためにも入れるべきです。

 

ネルビアンの解絡師:このカードは翡翠ドルイドに強いのでラダーで入れていました。究極の浸食でドルイドはテンポを取り戻そうとしますが、このカードでそれを防げます。

 

キュレーター:このカードを使った事は無いのですが、コバルト・スケイルベインとジャングルパンサーをドローできるので、強いと思います。私は、7ターン目までには試合は決まっていると思うのでこのカードは使いません。

 

獰猛なヒナ:もし生き残れば、影の師匠とのコンボでとんでもないことになります。

 

蓮華凶手:レジェンド100位まで上がるのにこのカードをデッキに入れました。1枚しか入れていなかったので試合ではあまり使われませんでしたが。狙いは簡単で、隠れ身を継続しながら虫害といった挑発ミニオンを処理するためです。影の師匠とのシナジーも期待できます。

 

南海の甲板員:ハンターがゴルッカクローラーを使う事を止めれば、このカードは絶対に入れたいです。3ターン目に相手に+1/+1を与えることはとてもテンポロスです。しかしもし相手がゴルッカを持っていなければ、このカードは多大なダメージを相手に与えることができます。海賊ウォリがメタから外れて、ゴルッカの採用理由が無くなることを願いましょう。

 

 

追記:レジェンド到達とか言ってたけどレジェ1位になってた

f:id:colorcolor1128:20170922001850p:plain

 

以上翻訳。

 

何らかの方法でシェアしてくれたらとても嬉しいです。リツイートとかファボとか。

あとコメントも嬉しいです。

 

あともしよかったら

amzn.asia

お願いします。