INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

社会人になってレジェンドにいくやつはただの暇人だ

社会人になってレジェンドにいくやつはただの暇人だ

間違いない。

だって社会人になったら仕事の時間が出てくるだろ。

日中は仕事をしているし、定時であがったとしても9時間は会社にいることになる。

そこに残業が加わるんだぞ。

だいたい平日は11時間ぐらい会社にいるだろ。

通勤時間が片道1時間だとしても、これで13時間。

睡眠時間7時間としても20時間。残りは4時間しかない。

晩飯食べて風呂入ってゆっくりしたらもう終わりだ。

たまには残業しない日だってあるかもしれない。

7時間も睡眠しないかもしれない。

だとしても、次の日は仕事なんだぞ。

苦しい仕事が明日あるのに、酒を飲まないわけにはいかないだろ。

酒を飲んで現実逃避しないとやっていけないだろ。

せっかくの土日だって家で過ごしたくないだろ。

大学生の時はいいよ。暇が溢れている。

溢れた暇がハースストーンで消えたってまだまだ暇はある。

でも社会人は違うだろ。

滅多に暇なんてないんだよ。

それがハースストーンで消えたら嫌だろ。

女と遊びたいだろ。

ゲームなんて

あれ、おかしいな。

ツイッターには、俺と同期で新社会人になってもまだハースストーンを続けている人がいるな。

暇人なのかな。

いや、違うだろ。

俺が捨てただけだろ。

ハースストーンを?

違う。趣味を。

英語だって、読書だって、ハースストーンだって、ゲームだって、野球観戦だって、全部全部捨てたんだ。

全部全部、本当にやりたいことじゃなかったんだ。

全部全部、時間が余っていたからやっていただけだった。

そんな事実、認めたくないに決まってんだろ。

だから必死に納得してるんだよ。

社会人になってレジェンドにいくやつはただの暇人で、時間が余っているだけなんだろ。って。

俺だって、時間さえあれば、時間さえあれば、翻訳だって英語の勉強だって読書だってやっているさ。って。

毎月レジェンドになっているさ。って。

会社から家まで直接帰って途中からでもテレビで野球を見るさ。って。

俺は暇人じゃないんだよ。って。

なぁ。