INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

ミッドレンジシャーマン(レジェンドまで勝率67%)のガイドの和訳

今回はミッドレンジシャーマンのデッキガイドの和訳です。67%の勝率でレジェンドにいったらしいので強いんだと思います。

以下リンク

theoddone23's Legend (67% WR) In-Depth Wind & Fire - Hearthstone Decks

 

ここから日本語訳

 

こんにちは。私の名前はIvonaです。何度かレジェンドに到達しています。

 

デッキリスト

f:id:colorcolor1128:20170122141349p:plain

レジェンドの証拠と勝率

prnt.sc

 

戦術とマリガンについて。

レノロック 

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログがあるなら精霊の爪ではなくこっちのほうがいいです)、トーテムゴーレム、呪術(山の巨人やトワイライトドレイクのために)

戦術は、序盤にプレッシャーをかけることです。しかし地獄の炎、影の炎、悪魔の憤怒などには気をつけましょう。レノロックに勝つには血の渇きが重要です。相手のライフを徐々に削っていきながらそこそこのボードから巨大なダメージを生み出します。そうして、14から15のライフを一気に削ります。血の渇きで重要なことはボードを広げすぎないことです。広げすぎると、相手は警戒してボードクリアをしてきます。アヤ、ラグ、アラキアはとても強いです。相手が回答を持っていなければ勝てます。コインからのトーテムゴーレムは終末預言者がいるので、もし2ターン目に出せる1マナがいなければ、やめておきましょう。

 

プリースト(ドラゴン、レノ)

ライトニングボルト(ドラプリに対して)、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログがあるなら精霊の爪ではなくこっちのほうがいいです)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)

上のレノロックと勝ち筋は同じで血の渇きです。ドラプリに対してはボードを獲得することが重要になってきます。翡翠の稲妻はボードに使います。呪術はドラコニッド諜報員とかに使いましょう。終盤では、こちらが強いです。適切にAOEを使えばプリーストは息切れするでしょう。

 

ローグ(海賊ミラクル)

ライトニングボルト(ちんけなバッカーニア、SI7、のため)、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もし、マナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術、マナカーブがいいなら翡翠の稲妻(ローグのミニオンはヘルスが4のものがおおい)、メイルシュトロームのポータルも序盤の海賊を倒すのに役立つ

ローグはミラクルされると難しいマッチアップです。トーテムゴーレム、トンネルトログ、野獣の精霊で強いボードを作りましょう。オーバーロードしすぎて呪術や翡翠の稲妻を次のターンに使えないということにならないように気をつけて。ボードを埋めて隠蔽されたらサルノスと組み合わせてライトニングストームを打ちます。ローグは回復や挑発がいないので、バーストダメージで打倒します。

 

ウォリアー(アグロ+コントロール

アグロ:ライトニングボルトは序盤の除去のために、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。

このマッチアップは序盤にボードをとれたら有利になります。上記のカードで海賊を処理します。オーバーロードしすぎて泡を吹く狂戦士に呪術を使えないなんてことにはならないように気をつけましょう。ヒーローパワーは挑発を生み出す可能性がありますし、地底よりのもののマナを下げてくれますから重要です。できるかぎり使ってみましょう。アラキアは強いです。相手のリーサルダメージを数えながら戦いましょう

 

コントロール:精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(精霊の爪があるなら)、バーンズ(マナカーブがいいなら)

これは乱闘と報復があるので厳しいマッチアップです。ボードに並べるのは3ミニオンまでにしましょう。強いミニオンがボードにいるならヒーローパワーは避けます。なぜなら乱闘でヒーローパワーのトークンが生き残るかもしれないからです。できるかぎり翡翠のゴーレムでプッシュしていきます。呪術はシルヴァナス、グロマッシュ、イセラに使います。鎧職人を倒す方法がないなら、これに使ってもいいです。アヤ、ラグナロス、アラキアといった強いミニオンを出す前にAOEを吐かせましょう。つまりこれらのミニオンをプレイする前にできるかぎりヒーローパワーを使います。段々と相手が回答をなくしてきます。報復は気をつけましょう(ヘルスを12以下にしないように)。グロマッシュと叩きつけ、報復、残酷な現場監督のコンボに気をつけます。ドブネズミと乱闘を使ってくる事が多いので手札に強いミニオンだけを残さないようにしましょう。

 

レノメイジ

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、トーテムゴーレム、バーンズ(マナカーブがいいなら)

他のレノデッキと似ているマッチアップです。多くのレノメイジはソリアを入れています。つまりフレイムストライク、カザカスのポーションパイロブラスト、炎のポータルをタダで発動できるということです。ですから7ターン目にはこのことを考慮しましょう。このマッチアップは厳しいです。なぜならスペルでミニオンを処理されますし、アイスブロックがあるあkらです。血の渇きによるバーストダメージで倒しましょう。

 

シャーマン(翡翠+海賊+アグロ)

ライトニングボルトは序盤の除去のために、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術(7/7のために)

これは耐えるマッチアップです。序盤は回答を続けて、終盤まで持ちこたえましょう。呪術を7/7に使う事はとても重要です。ですから野獣の精霊などでオーバーロードしすぎないように気をつけましょう。相手のオーバーロード数をちゃんと数えます。もし相手がオーバーロードによってカードを使えないということが分かれば、それを警戒しなくてよいと言う事です。相手の場に野獣の精霊と1体のトーテムがいるだけでもライトニングストームをうっていいです。ボードを取り戻すためだけに血の渇きを打ってもいいです。アラキアとラグナロスはこのマッチアップにおいてとても強いです。アヤに呪術を使いましょう。

 

ドルイド翡翠

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術(ファンドラルや戦の古大樹など)

もし相手が翡翠のゴーレムを序盤にだしてきたりマナ加速を効率的にしてきたりすると負けます。しかしトーテムゴーレムや野獣の精霊や翡翠のゴーレムで序盤のボードを獲得すれば血の渇きによるバーストダメージで勝てます。

 

 

質問コーナー

炎の舌のトーテムが一枚なのですが?

ボードになにもなければただの役立たずです。一枚で十分だと思います。バーンズから出てくる事もありますから実質二枚です。しかし、二枚入れたいのならばそれでもいいでしょう。

 

野獣の精霊が一枚なのですが?

オーバーロードがあるからです。現在のメタでは多くの脅威に回答を持ち合わせていなければなりません。その状態ではオーバーロードが邪魔なのです。とくにこのデッキには2枚のライトニングストームがありますから

 

どうしてバーンズなんですか

トンネルトログ、炎の舌のトーテム、ブラッドメイジサルノス、アジュアドレイク、アヤ、地底よりのもの、アラキア、ラグ

 

なぜアラキアとラグが両方とも入っているんですか。強欲すぎでは?どうやって使うの?

この二枚は現在のメタにおいてとても強いです。レノロックとコントロールがとても多いからです。アグロデッキにはラグナロスに対する回答がありません。アラキアは挑発であり、なおかつ強大なダメージを生み出してくれます。もし両方ともが手札にきてしまったとしても悪いことではありません。アグロに対しては先にアラキアを投げて少なくとも2体のミニオンを処理してくれます。そのあと、ラグナロスはよりターゲットの少なくなったボードを的確に倒してくれます。コントロールにとっても処理しにくいミニオンです。終盤での脅威となるミニオンです。バーンズのバリューも高めてくれます。もし多すぎると思うならば、一枚抜きましょう。しかしこれは対コントロールのデッキなのだということも覚えておいてください。