INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

Abyssusチームによるクエスト中の冒険者入りミラクルローグのガイド

Abyssusチームによるクエスト中の冒険者入りミラクルローグのガイド

 

元記事はhttp://www.teamabyssus.com/2016/12/14/team-abyssus-malaysia-major-deck-guide-questing-miracle-rogue/

筆者は

Axelさんです。度々訳させてもらっています。

 

 

 以下日本語訳

 

こんにちは、heisnotaxelです。AbyssusチームはHearthstone Malaysia Majorにおいて好成績を収めました。そしてクエスト中の冒険者入りミラクルローグはその中のラインアップの一つでした。ガジェッツァンの拡張(以下MSoG)はHearthstone Malaysia Majorよりも以前にあり、最終的なリストはこうなりました。

リスト

f:id:colorcolor1128:20170103225415p:plain

 

カードの説明。

偽造コイン×2:ローグの最も大きな問題は後攻か先行かによってその力が左右されることです。なぜならコインはガジェッツァンの競売人とのコンボを可能にしてくれるからです。MSoGはローグにコインと同じ効果を持つカードを与えてくれました。それにより後攻ならば1ターン目に6/6という馬鹿げたスタッツを持っているヴァンクリーフをプレイすることができます。これは練気の半分の効果を持っています。練気はめちゃくちゃ強いでしょ? そういうことです。序盤にコインを使ってオールインするだけではなく、むしろマナカーブをスムーズにするためにも使えます。例えば2ターン目にコインからのエドウィンをしたり3ターン目に墓荒らしを出したりといったことです。

 

パッチーズ:MSoGの最強なレジェンダリーの一つです。この小さな男はローグのデッキにおいて重要な働きをしてくれます。海賊を出せば、デッキから直接このカードが出てきますから、デッキの枚数が少なくなります。つまり、後々のドローが良くなるということです。パッチーズは突撃効果を持っていますから、冷血と組み合わせることで攻撃的になったり、相手のミニオンをトレードをしたりすることもできます。仮に不幸にも彼を手札に加えてしまったとしても、彼は1マナですからコンボのきっかけとして使う事ができます。

 

死角からの一撃×2:0マナで2ダメージですし、コンボとしても使えます。ガジェッツァンの競売人と組み合わせてもデッキを回せます。確実にミラクルローグのデッキには必要でしょう。

 

段取り×2:ドルイドは一枚のカードで2マナを手に入れるので、とても強いです。段取りは3マナを与えてくれます。昏倒を相手の強いミニオンに使ってから、エドウィンや墓荒らしを出せばとても強い動きになります。ガジェッツァンの競売人がボードにいれば、とても強いサイクルカードにもなるでしょう。

 

冷血×2:相手の顔面にダメージを加えたい時があるでしょう。1マナで4ダメージが悪いはずがありません。冷血とパッチーズや南海の甲板員のコンボによって他の自ミニオンを残しながら相手のミニオンを倒すことができます。臆せずトレードのために冷血を使いましょう。

 

隠蔽×2:特定のヒーローに対しては、脅威となるミニオンを隠蔽するだけで勝利が確定します。言うまでもなく、ガジェッツァンの競売人はそういったミニオンの一つです。言うまでもなくクエスト中の冒険者を隠せば、それだけで相手を倒すことができる可能性がでてきます。

 

南海の甲板員:デッキに多くのコンボカードがある、安い突撃の海賊です。冷血によってフェイスダメージを与えられます。常にあなたの武器を振るまえにこのミニオンで攻撃することを心がけましょう。武器を失えば、突撃は失われます。

 

怪盗紳士×2:この男はもう一人の安い海賊です。さらに後で使えるカードを与えてくれます。安い呪文を得られればガジェッツァンの競売人と組み合わせられます。このカードは海賊ですから、パッチーズを呼び寄せられます。

 

ブラッドメイジ・サルノス:呪文ダメージ、カードドロー、この二つが1/1のボディに入っています。このカードはマナが低いので腹裂きと組み合わせて5ダメージを出せます。

 

腹裂き×2:2マナで4点を相手の顔にも与えられます。さらに中盤では、処理にも使えます。

 

昏倒×2:挑発だったりと嫌なミニオンを飛ばせます。高コストミニオンを手札に返す事も出来ます。昏倒は古くからローグにとっての強力なカードです。

 

エドウィン・ヴァンクリーフ:デッキの多くの安い呪文と組み合わせて殆どの場合は最低でも6/6を作り出せます。沈黙がない環境では、呪文で処理しながら巨大なエドウィンを作り出すことはとても強いです。

 

ナイフの雨:このデッキの唯一のAOEです。3マナで1ダメージのAOEときけば、あまり良いカードとは思えません。大事な点はドローができるということです。また、ボードに呪文ダメージのミニオンがいれば、強くなります。

 

クエスト中の冒険者×2:このデッキのフィニッシャーです。彼を場に出していくつかの呪文を放ちます。相手はパニックになって除去しようとするでしょう。なぜならあなたがもっとカードを使えば成長するからです。このカードを隠蔽すれば、勝てるでしょう。

 

SI:7:2ダメージを与えながら3/3を出せます。テンポを奪い取るカードです、私は1枚だけ採用しています。なぜならコンボを起動できない時に弱いからです。

 

墓荒らし×2:5/4というスタッツが強いです。3ターン目にこれを出すことはとても強いです。なぜなら、仮に除去されたとしてもまたコインを得られるからです。こうすれば4ターン目にアジュアドレイクを出せます。

 

アジュアドレイク×2:ブラッドメイジ・サルノスに似てます。呪文ダメージとドローです。5マナで4/4というスタッツは強くありませんが、キーカードを探すという目的は果たしてくれます。死角からの一撃と組み合わせればミニオンに3ダメージを与えられます。

 

ガジェッツァンの競売人×2:このカードはこのデッキにおいての主なドローエンジンです。このカードを出して、安い呪文を使用することでデッキを回すでしょう。そして隠蔽をして、次のターンにまた回すのです。デッキの半分までドローできたら、優位に立ち、2ターン以内に相手を倒せることでしょう。

 

 

一般的なゲームプラン

ボードをコントロールして、相手の主な強いミニオンを効率的に処理していきます。こちらのミニオンの処理を相手に強要させましょう。ガジェッツァンの競売人を適切なタイミングでプレイして大量にドローして、ハンドからのバーストダメージで倒すか、クエスト中の冒険者や冷血を付けたミニオンで相手を倒します。

段取りや偽造コイン、隠蔽といった役に立たないカードでハンドが溢れてしまう試合はいくつかあるでしょう。あなたはあなたのハンドを巨大なエドウィンか巨大なクエスト中の冒険者に費やすタイミングを判断しなければいけません。結局は、勝利に勝つ方法は相手のヘルスを0にすることです。つまり、12/12のエドウィンで2,3回殴れば勝てます。

 

マリガン

先行:怪盗紳士、墓荒らし、もし墓荒らしがあるなら偽造コイン、もし偽造コインがあるならエドウィン

 

後攻:怪盗紳士、墓荒らし、もし墓荒らしがあるならアジュアドレイクと偽造コイン、もし偽造コインがあるならエドウィン

 

マッチアップ

このデッキは翡翠ドルイド、ドラプリ、レノロックを倒すために作りました。アグロシャーマン、海賊ウォリはバンし続けました。ですから以下の4マッチアップにのみ考えています。

 

ドラプリ:ドラゴンプリーストは毎ターン強いミニオンを出してきますが、ローグは効率的な除去により、テンポを取れます。さらにガジェッツァンの競売人を隠せば大量ドローしながらクエスト中の冒険者を育てられます、6ターン目のドラゴンファイア・ポーションには気をつけましょう。アジュアドレイクはこのポーションから逃れられることを心に留めておきます。ですから隠蔽の前に冷血を付けてフェイスにダメージを与えられます。

 

3ターン目にクエスト中の冒険者、段取りからの腹裂きか昏倒も強いです。これにより4/4にできます。これはプリーストには処理できません。ですから相手は他にミニオンを出すしかありません。このマッチアップは仮にガジェッツァンの競売人が底に埋まっていても極めて有利でしょう。

 

翡翠ドルイド翡翠ドルイドの多くはマルチを入れていません。デッキリスト公開制では、マルチが入っていない限り、巨大なエドウィンかクエスト中の冒険者を隠蔽なしで使えます。そうして勝てます。

墓荒らしやアジュアドレイクといったカードで相手にプレッシャーを与えましょう。もしマナが余っているなら、臆せず冷血を付けていいです。そうやってゲームを早く終わらせましょう。翡翠ドルイドは遅いデッキなので、有利です。

 

海賊ウォリアー:このマッチアップは避けたいです。ただアグロシャーマンも避けたいので、仕方なく戦う事が何度かありました。このデッキに勝つ唯一の方法は、1ターン目か2ターン目に巨大なエドウィンを出すことです。それか2ターン目にクエスト中の冒険者を隠蔽します。ローグは冷血がありますし、昏倒や死角からの一撃、腹裂きによって相手のミニオンを処理することもできます。その間、こちらのミニオンで相手の顔面を殴るのです。

海賊ウォリアーはとても早いデッキです。不利なマッチアップですが、負けを受け入れて次の試合に心を切り替えましょう。

 

レノロック:もう一つの人気のある遅いデッキです。最も大きな問題は、相手が4ターン目に出してくるトワイライトドレイクか山の巨人がこちらの墓荒らしに対して強すぎるということです。段取りと昏倒を使いながら墓荒らしを出すように頑張りましょう。こうすることで相手のマナカーブを狂わせることができます。5マナありながら、山の巨人やトワイライトドレイクを出したり、こちらの墓荒らしで倒せる、二流の強面を出したりしてきます。ガジェッツァンの競売人をちゃんとプレイできて、デッキを回すことができれば優位に立てます。なぜならレノロックにとって隠蔽されたガジェッツァンの競売人は処理するのが難しいからです。

 

相手のシルヴァナスに凄まじき力で自殺して、ガジェッツァンの競売人を奪わるかもしれませんが、大丈夫です。なぜなら、相手は大したバリューを手にしていないからです。それに、こちらは、リロイ、無貌のコンボによる20ダメージを警戒する必要がなくなります。クエスト中の冒険者AOEでは除去できないほど育ててから隠せば、勝てます。隠さずに放置することはオススメできません。なぜなら、魂抽出によって処理されるからです。プレッシャーを与えて、AOEを警戒すれば、レノロックに勝てます。

 

以上日本語訳