INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

71%の勝率でレジェンド10位に到達したフェイスシークレットハンターのガイドの翻訳記事

今回はデッキガイドの翻訳です。

RedditのURLははてなぶろぐでは載せることが出来ないのでタイトルを載せておきます。元記事が気になる方はこれで検索してみてください。

Hunter - The Reawakening : 71%Winrate Top 10 Legend Guide

 

 

以下日本語訳

 

こんにちは。まずは自己紹介します。私の名前はカジュアルです。決してカジュアルなHSプレイヤーということではありません。私は何度もレジェンド100位以内フィニッシュを達成しています。私は楽しくて強いデッキをラダーで使うのですが、今回は使って上手くいったシークレットハンターのガイドを書くことにしました。ガイドを読む前にこの映像を見てみてください。これは高レジェンドランクでのプレイングが含まれているので、ガイドの基礎となるでしょう。

シークレットハンターを使うことにした理由を話します。それはテストとして20試合程度、試してみて1度も負けなかったので、それは低ランク帯でしたが強いと思ったからです。私は「ミッドレンジシャーマンが最も強くてマリゴスドルイドが2番目だ」という考えを話しているのが嫌いです。私は何度かのテストを経た後でシークレットハンターがティア1であると強く信じています。その強さはドルイドを超えており、シャーマンに接近していると思います。

 

まずはトップ10に入った証拠と戦績を見せます。

証拠http://imgur.com/sSPrnrn

戦績 http://imgur.com/a/JHh6f

 

デッキリスト 

f:id:colorcolor1128:20161029165417p:plain

 

 

 

基本的なゲームプラン

秘密の番人、やさしいおばあちゃん、覆面の女ハンターという序盤の強いミニオンで相手を圧倒します。5ターン目か6ターン目にはハンドからのバーストダメージで相手を倒します。

 

カードの選択

 

1枚の狩人の狙い:戦の古大樹が環境に現れているのを見てからこのカードを入れることを決めました。これは序盤の地底よりのものを倒すことにも役立ちます。でも、凍結の罠にかけるか殺しの命令で倒す方がとても良いとは思います。

 

1枚のヘビの罠:狙撃が入っているリストを多く見てきました。狙撃もいいカードだと思うので、この2枚は自由に交換できると思います。狙撃はシャーマンに対して有効でヘビの罠はドルイドに対して有効です。私は狩人の狙いとの相性がいいのでヘビの罠を採用しています。

 

1枚のアージェントの従騎士と1枚の炎魔コウモリ:この2枚は1枚ずつに入れています。もし、秘密の番人が引けなかったときに序盤のボードを取る為のミニオンが必要だからです。それぞれは現在の環境で欠点と利点を持っています。より高度なプレイングとしては、4ターン目に殺しの命令を発動させるために炎魔コウモリを4ターン目まで持ち続けるというプレイングです。私は十分なダメージを出すのにそれが唯一の方法だと思えば、持ち続けるようにしています。

 

リロイジェンキンス:これは明らかですが、ハンドからのダメージリソース、フィニッシャーとして使えます。もし2枚目のアージェントの騎兵に入れ替えたら、そのアージェントの騎兵はよく機能すると思いますが、勝率は下がると思います。

 

 

マッチアップとマリガン

戦績:http://imgur.com/kjHpup7

 

常にキープ:覆面の女ハンター、秘密の番人、アージェントの従騎士、炎魔コウモリ、やさしいおばあちゃん。

このうち2枚以上をキープできたなら、イーグルホンボウ、獣の相棒

 

ハンター:ミラーマッチでもミッドレンジ相手でも、支配している方が勝ちます。覆面の女ハンター、やさしいおばあちゃん、秘密の番人といった序盤の脅威となるミニオンを出すようにしましょう。このマッチアップは、大抵は、相手が秘密の番人を出して秘策で育てられた時に備えて速射の一矢をキープしたほうがいいです。3ターン目までにボードが取れたならばフェイスに目を向けましょう。そうすれば、相手はボードクリアをせざるをえません。私はミラーマッチでは出来る限りアグレッシブにプレイして、相手が解答を持っていないことを願うプレイングをして、92%の勝率がありました。実際、相手は、大抵は解答を持っていなかったです。

 

ドルイド:戦績を見ると有利ではないと思われるかもしれませんが、私は有利であると信じています。相手が神の恩恵を受けない限り勝ちます。つまり私が負けた時はドルイドワタリガラスの偶像から16もの回復をゲットしてきたときだけです。

 

ウォリアー:マリガンはいたって普通です。唯一の例外はウォリアーに対しては炎魔コウモリをキープしないという点です。理由はウォリアーが序盤に強い除去を持っており。炎魔コウモリにそれらが刺さるからです。むしろ炎魔コウモリよりも獣の相棒といったカードの方が欲しいです。ウォリアーに対しての勝率は予想していたよりもずっと良いものでした。私は、コントロールウォリアーがミッドレンジシャーマン、ドルイドを倒そうとし過ぎてアグロデッキに弱くなっている傾向があると気づきました。ダメージを数えてフェイスにいきましょう。

 

メイジ:もしテンポメイジならば、だいたい負けます。彼らは、序盤は除去をしてきて後半はバーストダメージを出してきます。良いドローをして、罠をプレイングできれば勝てないわけではありません。しかし相手がフリーズメイジであれば90%ぐらい勝てます。なぜなら私のデッキは5ターン目に相手を倒すことを目指しているので相手がプレッシャーをかけてくるまえにアイスブロックを割れます。もしテンポメイジがすごく問題になってきたらヘビの罠を狙撃に変えてください。そうすればフレイムウェイカーとドレイクを倒せます。

 

シャーマン:これはベストなマッチアップです。爆発の罠と凍結の罠は相手の序盤の強さをケアしてくれますし、相手には回復手段がないので手札からのバースとダメ―ジで勝つことが出来ます。このマッチアップでは、覆面の女ハンターか秘密の番人が無くても凍結の罠をプレイしたいです。シャーマンはとても強いので、もし彼らが序盤にとても強いミニオンを出してきて豊富なボードクリアを使い、6ターン目に血の渇きをしてきて、こちらは罠が無く序盤の動きもないとなれば負けます。なぜなら相手のデッキは除去、バーストダメージ、そして強いミニオンを詰め込んだものだからです。

 

ローグ:楽勝です。彼らには私たちのミニオンと秘策を処理する方法がありません。そして回復手段もありません。更に4ターン目までプレッシャーをかけてくるようなこともありません。これは私たちのデッキにとっては遅すぎます。もちろん、段取り、ナイフの雨、腹裂き、エドウィンはクソです。そんなときでも凍結の罠があれば大丈夫です。帽子から猫は覆面の女ハンター、秘密の番人がなくてもキープしましょう。

 

パラディン:約100試合の中で2回しか戦っていないので確信はできませんが、有利だと思います。なぜなら相手のデッキは6ターン目か8ターン目に試合をひっくり返しますが、それは私たちのデッキに対しては遅すぎるからです。もしアグロデッキと戦う機会があればもっと有利だと思います。フェイスを叩いていればダメージレースに勝てます。

 

プリースト:普通のマリガンをしてフェイスにいきましょう。そうして、もし相手が6ターン目までに15ヘルス以上あり、こちらのボードが無だったらコンシードして、次の試合に向かいましょう。

 

ウォーロック:もしズーならば爆発の罠をキープして、有利なトレードを行いましょう。もし倒せるならばフェイスにいってバーストダメージを与えます。レノロックならば、6ターン目までにフェイスを叩いて勝つことを目指しましょう。それか相手がレノを引く前に勝ちましょう。もし相手がレノを持っていたらどのみち勝つことは難しいです。

 

以上日本語訳