INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

Tempo Storm(テンポストーム)のTier2のEXPLANATINとWEEKLY NOTESの日本語訳 (ミッドレンジハンター以降)

 

colorcolor1128.hatenadiary.jp

 

途中で終わってたんでミッドレンジハンター以降、書きます

 

 

 

ミッドレンジハンター

説明 EXPLANATION

ミッドレンジハンターは序盤からボードを取ってそのまま終盤にかけてボードを増大させていくデッキです。

序盤が過ぎてくると速射の一矢や殺しの命令、イーグルホーン・ボウといったカードでボードコントロールをしていきます。さらにこれらのカードは終盤でフェイスへのダメージとしても使えます。猟犬使いの効果はバリューを生み出しますし、アグロの攻撃から生き残ることができます。アグロデッキは基本的に不利マッチアップですが、他のミッドレンジやコントロールデッキに対しては有利を取ることが出来ます。

このデッキはボードを埋めてくるようなアグロデッキが苦手なので猟犬を放てはそういったデッキに対する道具となります。もし序盤と中盤においてボードコントロールに徹していれば、終盤にはサバンナ・ハイメインや荒野の呼び声といった強力なカードでゲームを終わらせることが出来ます。

 

今週の記録 WEEKY NOTES

ミッドレンジハンターはカラザンの最終ウィングが開放されてから大幅ではないですが不利になりました。その理由はシャーマンとズーロックに良いカードが追加され、これらのせいでハンターがライフを保つことが難しくなったからです。精霊の爪は、どのタイプのシャーマンに対しても序盤のボードコントロールを取りにくくしました。このカードは現時点において、ボードコントロールに良いカードです。加えて、メルシェザールのインプによりズーはラダーでよく現れるようになりました。これはミッドレンジハンターにとっては良くないことです。

 

ボードにミニオンを広げてくるタイプのデッキに対抗するために猟犬を放てを2枚積みするときが来たのかもしれません。昔のコンボであるナイフジャグラーと猟犬を放てを含むことは考慮に入れられるが、安定していないので入りません。ウォリアーにアイアンフォージのポータルが追加されたことは良いことです。このカードを入れたコントロールウィリアーが増えてきました。このマッチアップはミッドレンジハンターが有利です。現在のラダーではコントロールウォリアーが増えてきたのでハンターにとってはとても良いことです。

 

もしラダーでミッドレンジハンターをプレイするならば、あなた自身が見つけたメタに合わせた方がいいと思います。もしズーロックとシャーマンが増えてきたならばそれに適応した方がいいと思います。もしコントロールデッキが増えてきたならば楽しもう!。このマッチアップは有利マッチアップです!

 

 

コントロ-ルウォリアー

説明 EXPLANATION

標準的なコントロールウォリアーは典型的なコントロールデッキです。序盤は、武器による除去でバリューをとります。
ウォリアーは苦痛の司祭といった軽いカードでデッキを回し、大きなミニオンをドローします。ウォリアーのヒーローパワーと1マナの除去によりマナカーブが集中している終盤まで生き残ることができます。
終盤に入ると大きなミニオンたちで相手を圧倒します。

 

今週の記録 WEEKY NOTES

カラザンの最終ウィングで最も輝くカードというわけではないですが、アイアンフォージのポータルは新たな装甲のリソースとなりました。
ムーングレイドのポータルと比べるとバリューは小さいですが、シールドスラムとのシナジーがあり、コントロールウォリアーのゲームプランとも合致しています。
fibonacciの最新のンゾスウォリアーがラダーをレジェンドまで駆け上がっていったということからもこの事が分かると思います。


トーテムシャーマン

 

説明 EXPLANATION
トーテムシャーマンはミッドレンジシャーマンと似たデッキで、序盤からボードを攻めてそのまま終盤まで畳み掛けるというデッキです。
違う点はサンダーブラフの勇士、地底よりのもの以外にもトーテムシナジーが入っている点です。
トーテムの力と原始融合により、巨大なトーテムを場に生み出すことができます。この2枚のカードはこのデッキのキーカードと言えます。邪悪な呪術医をトーテムの力、原始融合、サンダーブラフの勇士と組み合わせると巨大なトーテムで場を埋め尽くすことができます。こうしてボードアドバンテージを得て、サンダーブラフの勇士や血の渇きで相手を倒します。

 

 

今週の記録 WEEKY NOTES
トーテムシャーマンは邪悪な呪術医のリリースにより、ギミック気味なデッキとなりました。しかし、精霊の爪がリリースされたことにより、いくつか深刻な結果が生まれました。精霊の爪はボードコントロールにとても役立つのでシャーマンのデッキに大きなインパクトを与えました。
トーテムシャーマンの利点は邪悪な呪術医によりボードをリードできたり、不利な状況からボードをつくれたりする点です。
このデッキリストを見て、トーテムの力を馬鹿げたカードであり冗談だと思うかもしれませんが、邪悪な呪術医とのコンボで大きなヘルスを持ったトーテムを生み出すことができるのです。
サンダーブラフの勇士の効果を一回発動すれば、2/5が生まれることになり、ボードが埋め尽くされていればこれはとんでもないことです。
このデッキはAOEの豊富なデッキやアグロに対しては不利ですが、それは定着してないだけであって練習を行えばもっと強くなるデッキだと思っています。

 

 

クトゥーンウォリアー

 

説明 EXPLANATION

クトゥーンウォリアーはコントロールウォリアーの一種で、終盤の勝ち筋としてクトゥーンを採用しているデッキです。
古代の盾持ちや双皇帝ヴェクロアといったカードでアグロデッキからの攻撃を退けるディフェンシブなデッキです。
他のコントロールデッキに勝つためにエリーズスターシーかーやドゥームコーラーをしばしば採用しています。

 

今週の記録 WEEKY NOTES
OTKウォーゲンウォリアーが数週間前に現れてきてからkolentがサイクルウォリアーを作りました。このクトゥーンウォリアーのリストも号令や死憎悔いのグールや熱狂する火霊術士といったアグロへの対抗手段を入れています。これによりアグロデッキに対処しながらクトゥーンまでデッキを回すことができます。

今週はハンターが増えたのでクトゥーンウォリアーはより防御的な構成になりました。クトゥーンをバフして序盤のうちに探し出すことが荒野の呼び声を退けて、さらに脅威となるミニオンを同時に出す唯一の方法となります。

 

 

 

 

ここまでです。Tier2にはあと3デッキあるのですがとりあえずここまでです。

あと3つは次の記事にします。