INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

tempostormのTier2のWEEKLY NOTESとEXPLANATIONの日本語訳

タイトルめちゃくちゃ長くなっちゃいました。

 

Tempo Storm

テンポストームのTier2のWEEKLY NOTES と EXPLANATIONの日本語訳です。

各デッキの説明と今週の変更が書かれています。

 

以上日本語訳

 

ズーロック 

説明 EXPLANATION

基本的なズーはバフをすることで強力なミニオンとトレードを行い序盤からボードを取り続けることに集中するものです。

ウォーロックはハンドを消費してもまたライフタップにより補充することができます。

出来る限り早くボードを埋めて海の巨人か串刺しのゴーモックといったミニオンをプレイすることが目標です。

そうすれば巨大なテンポを得て試合を有利に運ぶことができます。

ズーロックは禁じられし儀式によりさらなる可能性を得ました。

このカードによりボードを埋めたりナイフジャグラーとのコンボも可能です。

ズーロックのフィニッシャーはプレイヤーによって様々ですが大抵はドゥームガード、リロイジェンキンスといった突撃ミニオンがフィニッシャーとなります。

 

今週の記録 WEEKLY NOTES

カラザンの最終ウィングが開放されマルシェザールのインプがズーロックに追加されました。

このカードはズーがディスカードシナジーを持つ最後のピースとなりました。

このカードはウォーロックの多くのカードが持つディスカード効果を大幅に助けてくれます。

更にこのカードは1マナなのでズーロックのコンセプトとも合致しています。

さらに言うまでもなく、闇の売人から得ることも可能です。

 

もし闇の売人からこのカードを得たならばカードを捨てることが結果として手札アドバンテージを得ることになるような状況を作り出せます。

夢のような状況は、2体のインプが場にありドゥームガードを出し、2枚の銀食器ゴーレムを場に出し4枚のカードをドローすることです。

こうすれば5マナで5/7突撃、2枚の3/3を出し4ドローが可能です。

このようなシナリオはなかなかありませんが可能性はあります。

さらにドゥームガードを出し4ドローをするだけでも凄いことです。

 

今すぐにラダーでズーロックをプレイすることを強く勧めます。

このデッキリストは未だ完全ではありません。

ですから何がベストなデッキリストであるのかを探していこうと思います。

 

 

ミッドレンジシャーマン

説明 EXPLANATION

ミッドレンジシャーマンはボードとテンポを取ることに全力を懸けたデッキです。

このデッキは血の渇き、ドゥームハンマー、サンダーブラフの勇士といったカードを使うターンの前である6~8ターン目に向けてボードをとることを目標にしています。

最後にこれら3枚のカードを使い試合を終わらせましょう。

このデッキはトンネルトログからのトーテムゴーレムといったアグロシャーマンと同様の素晴らしい序盤のムーブがあります。

しかし呪術、ライトニングストーム、サンダーブラフの勇士、マナの潮のトーテム、地底よりのものといったカードも含んでおり、これらのカードによりテンポを奪うことが可能になり、コントロールデッキを打ち負かす能力も与えられました。

 

今週の記録 WEEKLY NOTES

カラザンの最終ウィングが開放されて、ミッドレンジシャーマンはTier2の中でも少しだけ順位を上げました。

精霊の爪によりこれまでの不利マッチップがマシになりました。

精霊の爪によりミッドレンジシャーマンによって最も大切なボードコントロールがしやすくなりました。

ズーと他のシャーマンとのマッチップは精霊の爪によりとても良くなりました。さらに精霊の爪が追加されたことによりブラッドメイジサルノスといった呪文ダメージプラスのミニオンが追加されました。

呪文ダメージプラスのミニオンが追加されたことによりメイルシュトロームのポータルでボードクリアできることが増えてボードを埋めてくるマッチアップを吹き飛ばせるようになりました。

 

様々な新しい人が様々なデッキで毎日レジェンド1位を獲得しているように見えます。

その中でも、このデッキは現在、最も強いデッキの1つに思えます。

このデッキはこれまでで最もカラザンから発達したデッキの1つであり、メタ全体の発達よりもさらに上を行くと思っています。

今すぐにこのデッキでラダーを登ってみて、さらに洗練されたリストを見つけてみてください。

 

 

ハイブリッドハンター

説明 EXPLANATION

ハイブリッドハンターはミッドレンジとフェイスのハイブリッドです。

アージェントの従騎士や鬼軍曹といったフェイスハンターに入っているようなカードで序盤は攻めて後半はサバンナ・ハイメインや荒野の呼び声といったカードで攻撃の手を緩めません。

このデッキは早い環境ではミッドレンジハンターが遅すぎるため作られたものであり、そのためにこのデッキには早いデッキと闘うための軽いミニオンが入ります。

フェイスハンターは終盤の戦いでは力を失ってしまうのでサバンナ・ハイメインや荒野の呼び声といったカードを入れています。

 

今週の記録 WEEKLY NOTES

カラザンの最終ウィングが開放されてハイブリッドハンターはランクをいくつか落としました。

しかし気にしないでください。

ハイブリッドハンターは現在のメタにおいて今でも強力です。

ズーロックとシャーマンは最終ウィングで強力な武器を手に入れたので不利マッチアップになりました。

しかし勝てないことはありません。

シャーマンの追加である精霊の爪はこちらの序盤のミニオンを処理してくるので少し難しくなりました。

これらのマッチアップは不利ですが、ハイブリッドハンターはこれらのデッキに対抗する術を持っておりそれは他のハンターのデッキには無いものです。

猟犬を放て はボードを埋めてきた相手に刺さるカードなのでこれらのマッチアップを劇的に助けてくれます。

このカードは場にミニオンを残してくれるので、相手への解答もミニオンも与えてくれます。

もしこれらのデッキがメタに多く存在するならば爆発の罠を入れてもいいかもしれません。

 

以上日本語訳

 

この下にさらにミッドレンジハンター以下が続くのですがとりあえずここまでです。

 

なぜ今回はTier2も訳したのかと言うと前回の記事

 

colorcolor1128.hatenadiary.jp

 のコメントに

「Tier2も訳してほしい」

というものがあったからです。

誤訳も指摘していただき初コメントだったので本当にうれしかったです。

 

では、とりあえずさようなら。

 

 

 

 

今週の木曜日にランダムカード禁止大会開くので是非ご参加ください。

http://challonge.com/ja/fety4s5z

 

 

アマゾンの頂きたいものリスト のリンクを貼っておきます。

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/27T54CMP80UQP 

もし買っていただけたらぼくのモチベーションが上がり記事更新が早くなります。そして、ご要望などがあったら叶えます。