INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

Temponautがレジェンドに到達したテンポミラクルローグ(前篇)

 

こちらはTemponautによって書かれた

[Short Guide] Temponaut's Top 20 Legend Blood Rogue

の日本語訳(前篇)です。

なぜリンクではないのかというと、はてなブログではredditにリンクをつけると投稿できなくなるからです。解決法をご存じのかたは是非教えてください。

 

誤訳あるかもしれません。その時は教えてください。すいません。

今、僕はとても疲れているんですが、なぜかと言うと今日、このデッキを10時間ぐらい回していたからです。

使ってみた感覚としては冷血と隠蔽を抜いてその分序盤に強くなったテンポ/ミラクルローグです。といった感じでした!

 

以下日本語訳

 

こんにちは、僕はTemponaut、またはLQYDです。前に投稿したこれとは違う断末魔ローグで僕の事を知ってくれている人もいるかもしれない。それともe-sports関連で知ってくれているかな。それかtwitchかな。

 

多くの人々による「ローグは死んだ」という意見は間違っています。

私やローグプレイヤーがデッキを作り、メタの1部になるようにしてそのことを証明しようと思います。

最近のシーズンで、僕はこのリストよりもう少しアグロ版のものでレジェンドに到達しました。

けれどもそれから改善をしていくうちにハイブリッドなものになりました。

今日、僕は下にあるリストでレジェンド20位に到達しました。これは最後の3日間で使ったリストです。

過去に使っていた物と違う点は槍持ちではなく鬼軍曹を入れていた点です。

これは僕が「ブラッドローグ」と呼んでいるハイブリッドミラクルローグです。

 

デッキリストと勝率

注)このデッキは多様性があり色々な使い方が出来ます。けれども普通はアグロではありません。アグロのようなミニオンが多いんですがそれらは効率的なトレードやテンポを得るために使いましょう。これはアグロのような動きも出来るテンポミラクルデッキなんです。

注2)過去の3日間と24時間の勝率しか見せていません。なぜならこれがラダーの95%を占めているからです。

 

僕は様々な種類の試合を試したけれどもメタ戦であまり良い試合をしなかった。( I tried many different variants prior to that but they did not matchup well vs the meta.←すいません訳がよくわからないです)

 

デッキカードの選択について

あなたはこのデッキがいわゆる釣りであると疑っているでしょう。ですから僕が今からカードについて合理的な説明をしていきます。

 

アージェントの従騎士(×2)

この従騎士はとても重要です。彼らはマナカーブをスムーズにしてくれますし序盤のコンボにも使えます。

マナワームだとかトログだとかトーテムゴーレムといった3~4ヘルスのミニオンが最近だとやっかいです。

1ターン目にこのカードを出すことであなたは死角からの一刺しやコインからのSI:7諜報員、死角からの一刺しと武器と従騎士での攻撃といったコンボでトーテムゴーレムを倒せるのです。

もし死角からの一刺しやSI:7諜報員を持っていなければ槍持ちや冷血を使って2ターン目にトレードできます。

さらに武器を使って3/2を倒すこともできます。

千刃乱舞のない今では、この追加的なダメージは重要になってきます。

冷血の脅威により相手は非効率的なトレードをしなければなりません。

これによってあなたはバリューとライフを得られるのです。

時々、ゲームの終盤になるとこのカードは要らない物となります。しかしこのデッキにはエドウィンがいるのでそのコンボに使えます。

総じてこのカードはアルガスや槍持ち、冷血によって巨大なバリューを得られます。

 

アージェントの騎兵(×1)

このカードは2ダメージを与えられるという意味で死角からの一刺しに次ぐ3枚目のSI:7諜報員になります。

さらに突撃と聖なる盾により槍持ちとアルガスと冷血に強力なコンボが生まれます。

7ターン目でミニオンを出したならこのカードとアルガスを出すことでバリューを得られます。フェイスを守ることで自らの死を免れるでしょう。

 

アルガスの守護者(×1)

このアルガスは本当に「守護者」って感じです。

このカードはフェイス、ドラゴンウォーリアーやシャーマンやズーやハンターにすごく刺さります。

クトゥーンデッキとのマッチアップも凄く有利にしてくれます。

クトゥーンとそれ関連のリソースを相手が出しつくすまで聖なる盾を持っているミニオンとアルガスを蓄えておきましょう。聖なる盾とアルガスのコンボによって20/20のクトゥーンに倒されることはなくむしろ、相手を倒せます。

ときどき、アグロにその攻撃を通させないために、大きなエドウィンを作ってそれにアルガスをつけるときもあります。

 

槍持ち(×1)

この小さな男の子は鬼軍曹よりもダメダメだって?それは違います!彼は小さな冷血でありエージェント従騎士を出した後のマナカーブを完璧に埋めてくれる2マナミニオンです。

その上、彼は鬼軍曹とは違いなぎ払いや旋風剣では処理されないのです。

彼はアルガスにより他のミニオンと共に2/3となります。(例えば7マナでアージェントの従騎士+槍持ち+アルガスといった感じで。)

効果がターンを終えても持続されることは本当に大きなポイントです。

なぜなら相手はアージェントの従騎士によりミニオンを処理された上に、3/1を処理しなければならないからです。あなたはこのカードを入れ替えようとするかもしれない、しかしこのバフは計り知れないほど価値のあるものです。

 

蠱毒なザリル

彼は多様性と一貫性をこのデッキに加えてくれます。

スペルだけではなく、ガジェッツァンの競売人による更なるドローや、より大きなエドウィンを作ることもできます。

これはこのデッキにとって完璧です。

手札に戻してコスト-2の毒素はアルガスやSI:7諜報員やアジュアドレイク、アージェントの騎兵、槍持ちや大きなエドウィンを作ることにさえ使えます。

冷血をしたミニオンやガジェッツァンにステルスの毒素をつけられれば完璧です。

2ダメージを与える毒素はもう一つの死角からの一刺しとなります。

アタックに3を加える毒素は冷血のようなもので従騎士と騎兵とシナジーがあります。

最後にドローの毒素は競売人に近いことができたりそれとのコンボで2枚ドローすることもできます。

 

入れ替えるなら

槍持ち・・・致死毒、鬼軍曹

2枚目のガジェッツァン・・・逃げ足

ザリル・・・2枚目のアージェントの騎兵、ハリソン・ジョーンズ、黒騎士、隠蔽、アージェントの司令官、サーフィンレー・マルグルトン

 

以上日本語訳

 

すいません。

このデッキとンゾスミラクルローグを回したい欲が止まらないので前篇だけにしておきます。

残りは明後日までに投稿できるはずなのでよろしくお願いします。