読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください!

クトゥーン無しヴェクロア進化シャーマンデッキ 日本語訳

 

こちらの記事はsigmasrbによって書かれた

http://www.hearthpwn.com/decks/556579-in-depth-guide-no-cthun-veklor-evolve-shaman

の日本語訳になります。

誤訳などありましたら教えてください。

デッキリストは元サイトを参照してください。

 

以下日本語訳

 

 

こんにちは。今日は僕が今シーズン、レジェンドに到達するまで使っていた2つのデッキのうち、1つを教えるよ。それがヴェク=ロア進化シャーマンだ!クトゥーン無しヴェク=ロアデッキとは?と思うかもしれないけど、その通りこのデッキにはクトゥーンが入っていないんだ。はいはい、「頭がいかれたのか?お前のヴェク=ロアは効果を発動することさえ出来ないじゃないか」というだろう。その意見は間違いだ。ヴェク=ロアの効果はクトゥーンがデッキにいなくても発動する。例えば邪悪の誘い手の効果をよく見てほしい。「どこにいても」という文字が見えるだろう。これにはデッキ外も含まれるのだ!

 

このデッキでの主なコンボはできる限り少ないマナで重いミニオンを召喚することだ。例えば2マナ以下で出した地底よりのものやネルビアンの預言者。そして7マナを2体生み出したヴェク=ロアに対して除去されずにトレードしたあとで進化を使うことでこのコンボは成立する。双皇帝という2匹のお気に入りポケモンとともにポケモンの世界を冒険してみよう!でもちょっと待って…双皇帝のようすが…

 

おめでとう!2匹の双皇帝はグロマッシュとラグナロスに進化した!

 

ご存じのとおり8マナミニオンはゲーム全体を見ても素晴らしいミニオンが多い。だからヴェクロアは素晴らしいカードに変身するんだ。アラキアとかね。

このデッキはアグロシャーマンとは大きく違う。獣の精霊を2枚入れていないという点もそうだろう。これは現在の環境では3/3が多すぎてオーバーロードに見合った活躍が見込めないからだ。ヴェク=ロアの効果を発動させるためにクトゥーンを10/10まで成長させる必要がある。そのためにクトゥーンに2/2を付与する邪悪の誘い手とクトゥーンに選ばれしものが入っている。

この2枚かクトゥーンの弟子も働いてくれるのでいつか入れ替わっているかもしれない。

このデッキはこれまでに作ったデッキの中で最も楽しいデッキの1つだと信じている。

このデッキの本質はショックなんだ。僕が最も愛しているのは僕がクトゥーンを育てるミニオンを出した時にクトゥーンのエフェクトが表示されないことから相手は僕がクトゥーンを入れ忘れたと勘違いしてBMをかましてくる瞬間だ。そしてそいつが気持ちを取り戻そうとヴェク=ロアについて考えている瞬間だ。

僕はクトゥーンを出さないかクトゥーン関連のミニオンを出すかして強大なバフをつける方法を考えないといけないからクトゥーンデッキには疲れてしまった。

 

スクリーンショットとマリガンについてはhttp://www.hearthpwn.com/decks/556579-in-depth-guide-no-cthun-veklor-evolve-shamanの画像を参照してください。MULLIGANと一番上に書いてある画像です。白枠で囲まれているカードは特に優先すべきカードです。

 

 

マッチアップについて

まず、ここに書いてある相性は僕自身の経験に基づいているということを覚えておいてほしい。

 

勝率についてもここに書いておく

とても悪い…20%~30%、悪い…30%から40%、普通…40%から60%、

良い..60%から80%、とても良い…80%から100%

 

また各マッチアップについてのキーカードも記している。これらは忍耐強く正しいタイミングでプレイしないと形勢が不利になって問題が生まれてしまう。

マッチアップは勝率別ではなくヒーロー別にした。

 

ウォーリア

テンポ=普通=50% みんなが話している新しいテンポウォーリアはシャーマンやウォーロックにとって厄介な相手だ。理由は死憎悔のグールや旋風剣といった豊富な全体除去だ。これらは常に脅威となる。しかし対応する方法もあってそれはHPの高いミニオンを何とかして生き残らせて血の渇きで押し切るというものだ。

キーカード:ネルビアンの預言者、トーテムゴーレム、血の渇き。

 

コントロール=良い=65% トランセルのように何かにとりつかれたかのようにひたすらアーマーを貯めるウォーリアはあまり見ない。コントロールウォーリアに対してのこのデッキの利点はそれが処理できないほどの多くの大型ミニオンを用意できるということだ。乱闘に気を付けて5ターンより前に手札をすべて使わなければいい。できる限りヒーローパワーを使って乱闘をおびき寄せて弱いミニオンを守ろう。

相手のヘルスが12以下になると報復のダメージが3点に上がることも気を付けておこう。これのために攻撃をしないこともあるかもしれない。もちろん乱闘まで進化は使わないように。

キーカード:クトゥーンに選ばれし者、トーテムゴーレム、血の渇き

 

ウォーロック

ズー=普通=40% ズーはときどき大量発生する。これは彼らがの初手にかかっている。もしあなたが3ターン目まで良くないマナカーブだとして相手が炎のインプやインプギャングボスを出して来たらその試合は難しいだろう。でもライトニングストームさえ引ければすべては解決する。ズーはいつだって盤面を埋めてくるからできる限り最大限の効果を発揮するまでライトニングストームは温存しよう。

キーカード:獣の精霊 
 
、岩穿ちの武器、ライトニングストーム

 

レノロック=良い=65% このマッチアップは注意がとても大事なマッチアップの1つだ。4ターン目に全体3ダメージがあることを覚えておこう。そして経験上、この攻撃からミニオンが生き残った場合は常に勝っていると思う。シャドウフレイムを打たれるから相手の盤面にはできる限りミニオンを残さないようにしよう。ヘルファイアに生き残れたら大体大丈夫だけども。完璧な血の渇きのタイミングまで待って相手を死に至らすんだ。呪術はトワイライトドレイクよりももっと価値のあるミニオンに使おう。

 

キーカード:ネルビアンの預言者、トーテムゴーレム、血の渇き、呪術

 

パラディン

ンゾス=普通=50% この種類はトリッキーだ。パラディンは癌に相当するものよりあまり見えない(??)。ンゾスパラディンにとってヘルスがとても重要だ。熱狂する火霊術師と平等のコンボには対応策があまりない。あなたが相手に勝つ前にどれだけ相手が回復するかということに全てはかかっている。ウォーリアのときと同様に毎ターンヒーローパワーをしてボードに存在感を強めよう。そしたらあなたのターンでそれらは3/2になり相手を一気に倒せるかもしれない(血の渇きで)。普通のミニオンを出すと相手は心配して相手は除去のコンボを放り出してくれるだろう。

 

キーカード:タスカーのトーテム師、クトゥーンに選ばれしもの、血の渇き

 

ハンター

ミッドレンジ=普通=50% 新しいミッドレンジハンターは時々問題を発生させるがボードを制圧していれば大抵は朝飯前だ。すべてのミニオンは挑発を持ちキルコマンドで5ダメージを盤面に与えるということを念頭に置きながら獣を制覇していてなおかつ8マナでやってくる荒野の呼び声のヤバさも覚えておけば全ては解決できるはず。あぁ、あとはツンドラサイは除去しよう。僕みたいになるなよ。(1度だけ間違いを犯した。2度とやらない)

 

キーカード:岩穿ちの武器、タスカーのトーテム師、獣の精霊、ライトニングストーム

 

ローグ

ミラクル=普通=50% 6枚のカードを覚えよう。スペルダメージとナイフの雨。これらはシャーマンに刺さる。だから枚数を数えて投げられたらどれだけボードがクリアされるかも考えよう。もちろん背後からの一刺しとSI7諜報員は除いて。アジュアドレイクは除去したほうがいい。呪術はエドウィン・ヴァンクリーフのために使ってみよう。

 

キーカード:トーテムゴーレム、獣の精霊、地底よりのもの

 

シャーマン

アグロ=普通=40% たいてい、大きな問題はない。ズーと同様に4ターン目までにどちらがボードを取っているかの勝負になる。例外は彼自身にステロイドを打った時だ。しかし万が一のために呪術とライトニングストームは置いておこう。ヴェクロアシャーマンはライトニングストームがなくてもアグロに優勢なはずだ(??)。

 

キーカード:ライトニングストーム、岩穿ちの武器、獣の精霊

 

プリースト=普通=50% プリーストには脅威となる多くの除去がある。光爆弾を失ったとしても掘り出されし邪悪やオウケナイのプリーストと回復の輪のコンボがある。さらに影の抱擁と回復の輪のコンボもある。ウォーリアと同様にボードを広げすぎないようにしてボードを除去されたら手札からプランBを準備しておこう。

 

キーカード:トーテムゴーレム、岩穿ちの武器、血の渇き

 

ドルイド=良い=60% クトゥーンデッキは全て遅い段階にゲームがくるまでボードを保とうとする。僕はクトゥーンデッキよりこのデッキは早いと信じている。唯一の問題は闇アラコアであってこいつをどうにかしないといけない。完璧ななぎ払いを打たれないように気を付けてるとかは下の戦術のところ(後編で書きます)に書いてある。回復のトーテムはスワイプへの素晴らしいカウンターになる。ドルイドにはシャーマンが優れている2マナのミニオンで盤面を埋め尽くすというヒーローパワーが刺さる。

 

キーカード:トーテムゴーレム、ネルビアンの預言者、獣の精霊

 

メイジ

フリーズ/エコー=悪い=35% 申し訳ないがこのマッチアップはあまり良くない。仮に相手が何をしているのか自分でわかっていなかったりボードをコントロールできていなくとも勝つのは難しい。仮にこのタイプのデッキに多く出会うなら終末預言者へのカウンターでイカれた錬金術師を入れよう。ブリザードや冷気の放射に対抗するために頑張って回復のトーテムを手に入れよう。これらのデッキはメタで活躍しているわけでもないから大丈夫だと思う。

 

以上日本語訳

 

今回はHearthpwnにおいて絶大な人気を得たシャーマンのレジェンド到達デッキを紹介しました。これは前編となっており、後編ではミニオンの位置や除去への対応と言った戦術が語られます。

個人的にはとても面白いデッキだと思います。

実際にデッキを作ってランク5で4戦ほどしてみたのですが、進化を使うタイミングなどプレイングが結構難しかったです。(1勝3敗)

ただ進化を発動したときのドキドキ感はとても楽しいです。

ぜひ皆さんも試してみてください。

 

拡散やネタ提供よろしくお願いします。