INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

【勝率68%】 ランク4からレジェンドに到達したプリーストデッキ

今回はすっかり新環境で見なくなったプリーストのデッキ紹介です。

 

こちらの記事はHappy2demonによって書かれた

http://www.hearthpwn.com/decks/568191-68-winrate-priest-rank-4-to-legend

の日本語訳になります。

誤訳ありましたらコメントなどで教えてください。

 

以下日本語訳

 

みんな、元気かい

どうすれば現在のOPデッキに立ち向かえるのかと考えたことはない?シャーマン、ズーロック、ハンター、テンポやらその他のウォーリア・・・もしこれらのデッキを倒せないならあなたもこれらのデッキを使おう。

 

でも待ってほしい。まだ希望はあるんだ。

 

様々なコントロールデッキを使ってきた経験から僕はこれらのアグロデッキを対処するならラダーには試合が長すぎるかもしれないけどコントロールデッキを使う必要があると分かったんだ。

 

このデッキ(http://www.hearthpwn.com/decks/568191-68-winrate-priest-rank-4-to-legend

参照)は普通のンゾスデッキだと思われるかもしれない。でも違う点は相手のコンボとかスペルとか武器をクリアすることを重視していてハリソンジョーンズとか酸性雨ウーズを入れているところだ。

 

このプリーストのデッキはコンボロックに対しては少し弱いが文字通り顔を最も早く壊してくるようなアグロデッキからコントロールウォーリアまで全てのデッキに対して有効だ。

 

2016年6月9日にこのデッキでレジェンドに到達した。

 

 

マリガンについて

 

まず「密言・痛」、博物館のキュレーター、熱狂する火霊術師とコイン、できたらオウケナイのソウルプリーストと回復の輪は全ヒーローに対して持っておきたい。

 

ヒーロー別

ウォーリアは海賊、テンポ、コントロールと3つのデッキタイプが考えられる。

これらに対抗するには最低でも1枚は武器破壊カードを持っておきたい。できればウーズのほうがいい。苦痛の司祭や泡を吹く狂戦士、ブラッドフーフの勇士に刺さるから密言・痛も持てていたら最高だ。コントロールウォーリアに対しては移ろいのシェードをキープしてもいい。まぁ実際にはこのデッキでコントロールウォーリアに負けるなんて埋葬がある限りファティーグの関係であり得ないけど。あと、忘れてはいけないのがンゾスを出すタイミングだ。絶対に黄金のサルを出される前に出してはいけない。ンゾスで召喚したミニオンが乱闘で除去されたら悲しいからな。ボードに2つ以上のミニオンを展開することさえよくない。

 

ウォーロックはデッキが2種類ある。レノロックと普通のズーロックだ。

まず、ズーは楽な相手だ。マリガンでは熱狂する火霊術師と密言・痛、そして掘り出されし邪悪をキープしよう。密言・痛の使い道は炎のインプかインプギャングボスかナイフジャグラーだ。5ターン目まではヒーローパワーを使えるだけ使い受け身にプレイしよう。5ターン目に全体除去でボードをクリアして6ターン目にカバルの影の僧侶で相手のミニオンを奪う。禁じられ儀式のために熱狂する火霊術師を我慢してもよい。

レノロックはこのデッキが最も苦手とする相手の一つだ。移ろいのシェードをマリガンでキープしてとにかくできるだけ早く相手のライフを削ってンゾスを出すようにしよう。オウケナイのプリーストと瞬間回復のコンボで相手のライフを削りきれることを祈るだけだ。

 

シャーマンはデッキのタイプが2種類あってアグロシャーマンミッドレンジシャーマンだ。両方に対して密言・痛と酸性雨ウーズと掘り出されし邪悪をキープしよう。戦略はズーロックと同じだ。もしかしたらマリガンで密言・死を4マナ7/7のためにキープしてもいいかもしれない。

 

ハンターに対しても酸性雨ウーズと密言・痛をキープしよう。このマッチアップは序盤にどれだけ軽いミニオンを博物館のキュレーターから引けるかにかかっている。私は時々1マナか2マナでも選ぶ。なぜなら出来る限りダメージを吸い取ってほしいからだ。

ボードをクリアしたりレオックのような優秀ミニオンをカバルの影の僧侶で奪ってターンエンドをしよう。オウケナイのソウルプリーストと回復の輪は8ターン目にやってくる強烈な荒野の呼び声に備えて使わないでおくこと。

 

次はあまり見ないヒーローに対して

 

メイジは最もテンポメイジをラダーでよく見る。序盤のミニオンを凌げたら呪文ダメージも容易に対処できる。フリーズメイジは別の話だし、勝つのは難しい。

 

ドルイドはクトゥーンかランプだろう。これらに対応するには密言・死をマリガンキープしよう。

 

パラディンに対しては相手が聖なる盾パラディンの場合に備えて熱狂する火霊術師を備えよう。ンゾスパラディンに対しては相手の最も良い断末魔ミニオンを埋葬してファティーグでの勝利を狙おう。ラグナロス兄弟にたいしては密言・死がとても刺さるぞ。

 

ローグに対しては墓荒らしのために密言・死を、ヴァイオレット・アイの講師のために密言・痛をそして速くプレッシャーをかけるために移ろいのシェードをキープしよう。

 

 

多くのコメントを読んだが多かった質問が「なぜエリーズ・スターシーカーを入れてないのか」という質問だ。一番大きな理由は今の環境は速すぎてこのカードは使えないということだ。エリーズ・スターシーカーは3/5というそこそこのスタッツを持っている。でも2マナで黄金のサルへの地図をプレイしたくない。むしろアグロに対しては2マナでヒーローパワーを使って回復したい。次に勝ち筋としてはンゾスが既にある。しかもこのカードに対してのカードは乱闘か捻じれし冥界の2枚しかない。エリーズ・スターシーカーを使うようなヒーローと闘う時は彼女を埋葬すればいいだけだ。コントロールウォーリアのマリガンのところを読めばこれについて深く分かるはず。

 

どんな質問でもしてくれ。

 

現在で最高レジェンドランク15まで来た 2016年6月12日

 

 以上日本語訳

 

コメントや拡散や訳してほしい英語記事などよろしくお願いします!