読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください!

あなたがレジェンド100位以内を達成する可能性を最大限にする

ハースストーン講座系

 

※こちらの記事はOtakuMZ(OtakuMZ (@OtakuMZ1978) | Twitter)によって書かれた

Maximizing Your Chances for a Top 100 Finish by F2K_Dethelor | BlizzPro's Hearthstone

を日本語訳したものです。

原文のページには画像などが載せられておりそちらも同時に参照してください。

 

 

以下日本語訳

 

あなたがレジェンド100位以内を達成する可能性を最大限にする

ラダーをしているハースストーンプレイヤーにとって、月末は最もストレスの溜まる日だろう。


シーズンのランクがリセットされトップ100位内のプレイヤーにはそれそれのランクに応じたポイントが与えられる。


・ランク1には15WCPポイント
・ランク2~10には12ポイント
・ランク11~25には10ポイント
・ランク25~50には8ポイント
・ランク51~100には5ポイント


また、全てのレジェンドプレイヤーには1ポイントが与えられる。簡単そうだって?
最終日、最後の瞬間が厳密にプレイヤーがポイントを得られるかどうかを左右する。

 


(ThisNLがランク4から78へと落ちた画像)

 

Thisの例を見ても、一つのゲームが74ランクも下げる原因になることはあり得る。
トップ10位から120位までのプレイヤーの内部レートの差は信じられないほど小さく、BO1方式のラダーの結果によって乗り越えられるものである。
しかし、100~200位から登ることは内部レートの差が大きくなっているのでプレイヤーが仮に連勝ボーナスを持っていたとしても何時間もかかるものである。
100から200の間にいるプレイヤーは100以上のランクに達するまでプレイをするというセオリーを守り、それまでゲームを続けるだろう。

 

現在のラダーシステムは理想的とは言えない。ある1つの試合がそのシーズンのあなたの「運命」を決めて、マッチングシステムはランク200のプレイヤーをランク8000(ごみ箱)へと列に並ばせており、これはとても問題がある。

 

しかし、システムには最も大きな欠陥がある。これはプレイヤーによっても乱用されてきた。それは試合の結果はシーズンの終了に向かって集計されるというものである。もしそれが真夜中(午前0時)の前であってもだ。

 

これはどういう意味だろうか?

 

プレイヤーはシーズンの終了まで8~15分間列に並び、一つや二つの勝利を掴むか、もし試合が彼らの思い通りにいかなければ、相手を忘却に縛り付ける。

(twitterでのつぶやき)
「あなたをトップ50位にするために15分間私を縛り付けてくれてありがとう。スポーツマンシップは美しい」

 

これはまさに上で説明した問題を表している事例だ。これはシステムの問題であるので私たちは彼の相手を責めることはできない。例えば、午後11時47分にランク97のプレイヤーがいるとしよう。もし彼が試合を開始しなければ彼は闘わずしてランク100位以内を逃す可能性がある。しかしもし彼が試合を行えばゲームが終了しなくともランク100位以内をキープする方法がある。もし彼が何とかして試合に勝ったのならば、彼はおそらくトップ50位以上、もしくは25位以上に着地するときだってあるだろう!まとめると、24位と43位と101位で終えたプレイヤーの違いはシーズンの最終試合の結果であり、それはランダムなのである。

 

大いに同意されているようにこのシステムは理想的とは言えない。しかし全てのプレイヤーは100位以内で終える必要がある。では我々はどうすれば良いのか。ブリザードにシステムの欠陥について文句を言うのは置いといて、私たちは10位、25位、50位、100位を守るチャンスを飛躍的に高めることができる。
過去3シーズンに置いて私は幸運にも3月に19位、4月に31位で終えることが出来た。しかしこれら2つは1000位あたりから最終日に登り始めた。

しかしこのシーズンは私がこの成功を続けることが出来なかったし、これは明らかに運のせいにすることではない。

 

10個のあなたがラダーで上位レジェンドランクに到達する可能性を最大限にする方法。

・最終日までに出来る限り良いポジションまで持っていこう。トップ10位以内は理想的だ。なぜなら普通は既に十分な位置にいるからだ。80位から200位の間はあなたの道のりの痛みを和らげてくれる。
複数のサーバーでプレイしよう。あなたはゴールに到達するチャンスが増える。またそれぞれのサーバーでのランクがリセットされる時間を覚えておくことも重要だ。

 

Thijsは以下に述べるこのシーズンを行った(?)彼はアジアで2位で終えた。そしてランク1への挑戦も安全に行えた。なぜなら彼はトップ10以内で終えることによりポイントが保証されていたからだ。あなたが最も高いランクで終えた分のポイントどこのサーバーであろうと貰えるということは覚えておく必要がある。例えばアメリカのプレイヤーだってヨーロッパからポイントを貰えるのだ。

 

ラダーを登るためにどのデッキを使うかを決めよう。たいていは1デッキあれば十分だがメタにおいて不利であるならばデッキを変える準備はしておこう。
常にデッキを変えることは破滅への始まりだから避けよう。あなたは1試合を引きずってはならないし不幸はデッキのせいではない。分散は友であり最終的に使い続けたそのデッキこそ栄誉を勝ち取るだろう。
一貫したデッキを使おう:ハリソンジョーンズを武器へのメタとして使うことは受け入れられるが、デッキのほとんどをメタのためのカードで埋めることはデッキを気まぐれなものにしてしまう。ラダーのメタはトーナメントのメタとは大きく違うのでメタのためのカードはそこまで力のあるものではないことを覚えておこう。

 

これは明らかであるかもしれないが、人々はしばしばどれほど重要であるかを忘れる

 

可能な限り最適なプレイをして全ての試合に勝つチャンスを最大まで高めよう。あなたの勝率を高める方法について解説している記事はたくさんある。私はそこまではしないが、等しい集中を全ての試合に与えている。1つの小さなミスが積もり積もってあなたの願望を阻む負けとなることもある。

 

全ての試合は重要だからパソコンも接続もハードウェアの出来る限り確かなものにしておこう。それが最後の手段でない限り安定しないWiFiからスマートフォンで操作することは良くない。

 

落ち着いて!仮に続ける前に取り除こうとしたとしてもプレイの結果やランダム性があなたに影響を及ぼしたままにしてはいけない。これは私がポーカーをしているときに学んだことだ。もしあなたが不幸続きならば入浴したり散歩したり何かリラックスして休憩をとり頭をすっきりさせるべきだ。

 

そこに立ち止まるな:サーバーリセット前3時間は決してあなたがトップ100位以内に入ることを保証しない。もっと試合を行うことを拒んで100位から落ちることを待つのはやめよう。

 

でもやりすぎもダメ!もしあなたが何とかして65位に到達してサーバーリセットまで1時間ならばおそらくそれは100位以内で終えるのに十分だ。だからあなたが5HWCポイントが必要ならば別だが、試合に負けて無駄なリスクを背負うことは避けよう。

 

最後だが特に...

 

幸運であれ

これらはあなたが100位以内でラダーを終えるチャンスのための私からのアドバイスだ。私は十分な時間をラダーに費やし(出来れば2以上のサーバーでプレイした)プレイヤーは100位以内でシーズンを終える可能性を大いに持っていると思っている。結果は嘘をつかないし、一覧を見れば一貫したプレイヤーをみることが出来るだろう。Hero progress(https://www.heroprogress.com/hearthstone/eu)もあなたを大いに助けるだろう!コメントで私の記事への感想とかを載せてくれたらうれしいよ。

ではあなたの6月でのラダーへ幸運を祈る!

 

以上日本語訳