読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください!

セリーグ順位予想

 世間はウンゴロで騒いでいますが、プロ野球開幕も忘れないようにしましょう。

 

 最下位から順に予想していきます。パリーグは詳しくないのでやりません。

 

 六位…中日

 普通に弱そうだから最下位です。特に目立った選手もいないし、順当に最下位でしょ。

 

 五位…ヤクルト

 山田しかいないチームだしね。

 

 四位…阪神

 開幕三連戦がアレ。でも就任から二年目の監督は優勝確率高いというデータを見たような気もするので、もう少し高順位に落ち着くかもしれません。

 

 三位…巨人

 強い選手いっぱい集めればいいってもんじゃないでしょ。小林の覚醒が本物なら、きっと優勝しますが、あれは一時のミラクルだったと信じている。

 

 二位…広島

 まぁ強いからね。

 

 一位…横浜

 横浜以外あり得ない。多分、二位の広島に二十ゲーム差ぐらいつけて優勝してくれるはず。

 

 

前回オンライン:1ヶ月以上前

私的記事

 

およそ二週間ぶりにハースストーンを起動した。三つの枠から溢れかえっているクエストを見た瞬間にやる気が失せてしまい右上の×ボタンをクリックしようとすると、頭上に一つ浮かぶものがあった。

 

 左下のフレンド欄を覗く。目当てのフレンドの右にはこう書かれていた。

前回オンライン:1ヶ月以上前

 

 目当てのフレンドとは大学の友達だ。僕にはこの友人しか、リアルで知り合いのハースストーンのフレンドはいない。

 大学一回生のころに、健康診断で知り合った。多分、友達の友達とかだったと思う。あの頃は友達を作る事に必死で、手当たり次第に友人の輪を広げていた。結果的に、その輪は大幅に狭くなるのだが。

 

 二回生になりその友人と同じゼミに所属した。僕は、希望ゼミもなかったので、友人のいるゼミを選択した。二人で「楽に生きていく方法」を模索して株式投資とかも始めた。多分五万円ぐらい失った。

 

 三回生になり就活が始まった。僕の就活は上手くいかなかった。とても成功とはいえない。滑り止めの中小企業から内定を頂き、そこに入社する。友人も就活は上手くいかなかった。友人はゼミに来なくなりLINEの返信も来なくなった。

 

 心配したゼミの教授から友人の携帯電話番号を教えてもらい(ゼミの中でその友人と一番仲良かったのは僕だった)、連絡を取ることができた。

 とりあえず、二人で鳥貴族に行く事になった。

 二人でひたすら酒を飲んで家庭状況や過去の話や就活の話をした。

 

 結局、彼をゼミに連れ戻すことはできなかったけど、またこれまでのように時々遊ぶようになった。

 一緒に大学の食堂でご飯を食べているときにハースストーンの話が出た。それで、友人がハースストーンをやっていることを知った。初めてヨグサロンの愚痴を面と向かって話せてとても楽しかった。

 彼の下宿先で一緒にラダーを回す事も楽しかった。

 

 

 決して彼の性格は素晴らしいものではない。普通にイライラするときもある。それでもやはり僕にとって「大学で得た唯一の価値のあるもの」だと言い切れるのは、なぜだろうか。

 卒業式の一週間前、彼とたまたま出会った時に

 「前、ハースストーンって調べた時に、たまたまお前っぽいやつのツイッターアカウントを見つけちゃった」

 と言われた。それから焦って

 「いや、でもすぐに見るのやめたから!ツイートとかは大して見てないから!」

 と付けたされたときに、やっぱりこいつはいいやつだなぁと思った。

 

 彼は十一月ごろに内定を得た。業界からも明らかに勤務時間の長い企業だった。地元に帰り働くらしい。

 

 明日は入社式だ。

 これから辛い事もあるだろう。それでも頑張って働いて稼ごう。そしてまたいつか出会えたら鳥貴族で語り合おう。その時まで。

 

ハースストーンのトーナメントで稼いでるプレイヤー、トップ10

私的記事

たまたまトイレ中にスマホを弄ってハースストーンの記事を探していたら面白い記事を見つけて、ツイッターで紹介したらまッつんさんに

リツイートされて、微妙に伸びていたので、せっかくなので訳しました。

 

元記事はこちら

www.redbull.com

 

ここから訳

編集者注:この記事は2017年2月に更新されました。

Hearthstoneの人気が高まるにつれて、新しい投資家がこのシーンに参加することで、賞金プールがこれまで以上に拡大していることがわかりました。 Blizzcon 2016では、巨額の100万ドルの賞金プールが獲得しており、2017年にはより多くのトーナメントが出現し、勝者に大きな報酬を与えています。

今年は多くの優勝者が世界選手権に出場するために苦労するかもしれないほど激しい競争が起こっています。大量の賞金を獲得して、デジタルカードゲームを再び有名なものにしたのは誰でしょうか。 esarthsearnings.comによると、Hearthstoneでトップ10のトーナメント獲得者がいます。

 

  1. Jon 'Orange' Westberg - $ 130,800.04

スウェーデンの選手であるオレンジは、2016年も素晴らしかったです。そして、そのまま今年も素晴らしかったです。 SeatStory Cup VIで優勝し、WESGで優勝し、他の複数のトーナメントでも高順位を獲得しているので、彼は当然上位にランクインするでしょう。 以前はMagic The Gatheringプレイヤーだったので、Hearthstoneにもその経験を生かしました。彼はこれからも収益を上げるでしょうし、世界選手権にも楽に出場できるでしょう。

 

  1. Adrian ‘Lifecoach’ Koy – $134,030.19

KoyはHearthstoneの最も有名な選手のひとりで、過去数年間にリーダーボードのトップに立っています。 彼はドイツのeスポーツ選手ですが、現在はウィーンで妻と2人の娘と一緒に暮らしており、ヨーロッパのG2 Esportsのためにプレーしています。 元々熱心なポーカープレイヤーだったLifecoachは、2013年にHearthstoneベータ版を始め、Archon Team Leagueで50,000ドル、Celestial Invitational 1で10,000ドル、2016年にSeatStory Cup Vで10,000ドルを含め、リリース以来ずっとプレミアトーナメントで多数を獲得しています 彼は今年もまたブリズコンへの道を探しています。

 

  1. Aleksandr ‘Kolento’ Malsh – $135,105.06

Kolentoは24歳のウクライナ人プレイヤーで、Cloud9の名簿に載っています。以前はWorld of Tanksを競技としてプレイしていました。 2014年から2015年まで、DreamHack 2014は$ 10,000、CNはEUシーズン2、$ 22,673、Kinguin Pro League 2015は$ 10,000で勝利を収め、最も安定したプロのHearthstone選手の一人として広く受け入れられました。 最近の大きな勝利のペースは減速していますが、彼はまだデッキデザインではゲームに貢献しているでしょう。 彼はおそらくローグのプレイヤーとして最も有名であり、頻繁に普及したMiracle Rogueデッキの作成者であると考えられています。

 

  1. Wang ‘Tiddler Celestial’ Xieyu – $138,681.67

XieyuはTeam Celestialでプレーし、2014年にHeathstone World Championshipで2位、5万ドルで優勝し、2位でWorld Cyber Arena 2014で2位となり、48,750ドルで優勝しました。ここ数年で比較的静かでしたが、 DreamHack Summer 2015で$ 12,500で優勝しました。2017年に彼がしっかりと再び立ち上がるのかはまだ分かりません。

 

  1. Zhou ‘Jasonzhou’ Bin – $139,154.57

JasonzhouのHearthstoneの収入の巨大な塊は、2016年のHearthstone世界選手権での彼の第3位から第4位のフィニッシュから来ています。 中国の選手は最終的な準決勝試合で最終的なトーナメントチャンピオンのパベルに負けましたが、彼の努力のためにまだ10万ドルを上げました。 彼は2017年にCN対NAチャンピオンシップで勝利しました。2017年も年間を通して成功を収めて世界選手権の資格を得るだろうと思われます。

 

  1. Euneil ‘Staz’ Javinas – $157,172.89

Stazにとって成功するには長い時間を要しました。 フィリピン出身の選手は、ビザの問題のために、米国で大きなHearthstoneトーナメントをいくつか欠場しなければならず、試合の大きなステージでプレーする可能性は否定されました。 しかし過去のパフォーマンスからは、彼にとって必要なのは彼の才能を披露する機会のみであることが明らかでした。 今年のワールド・エレクトロニック・スポーツ・ゲームズでの決勝は、その瞬間であった。最終戦ではオレンジを倒してトーナメントチャンピオンになり、15万ドルの賞金を獲得した。

 

  1. Thijs Molendijk – $187,489.49

MolendijkはオランダのHearthstoneプレイヤーで、現在G2 Esportsでプレーしており、ゲームで最も成功したプレイヤーの1人です。 彼はRoad to BlizzCon Europe Championshipで10,000ドルを獲得し、2015年と2016年に連続世界選手権から賞金を得ました。また、RduとLifecoachと共にArchon Team League Championshipsで5万ドルを獲得しました。 私たちは、彼らが2017年にThijsの名前の載った銀の賞品をもっとたくさんでてくることを期待しています。

 

  1. Artem ‘DrHippi’ Kravets – $195,166.67

Blizzcon 2016での2位でフィニッシュしたことは、DrHippiをHearthstoneの最高収入者の3位にしました。 決勝でパベルに敗れたにもかかわらず、彼は15,000$とHCTヨーロッパウィンター選手権で集めた15,000ドルとHCTヨーロッパサマー選手権で2万5千ドルを手に入れました。 DrHippiは2017年にもっと良くなり、自分自身で世界選手権のタイトルを獲得できるでしょうか。できるでしょう。

 

  1. James ‘Firebat’ Kostesich – $219,053.10

2014年の終わりには、彼は世界で最も装飾されたHearthstoneプレイヤーだった 。というのも 2014年のHearthstone World Championshipで10万ドル、そして2015年にWorld Cyber Arenaで2番目に優勝した62,680ドルで、賞金獲得の大半を占めたからだ。 他の多くのトーナメントにも彼の名前があります。 スタークラフト:Broodwar PlayerのFirebatheroにちなんで名付けられたFirebatは、Blizzardのゲームの大ファンであり、Hearthstoneのトップに登ることができました。 彼は2015年と2016年のハースストーン世界選手権に出場することに失敗し、キャスターの役割を担う解説に移った。

 

  1. Pavel ‘Pavel’ Beltiukov – $275,839.43

現在のHearthstone World Championは、2016年にBlizzConで$ 250,000を奪い取った後、ゲームの最高得点者のリストに載っていたことは間違いない。William 'Amnesiacとの戦いに置いて 彼が「おしゃべりな本」によって救われなければこのロシア人選手の物語は全く違っていただろう。それは試合の流れを変え、pavelに決勝に向けて力を与え、DrHippiをを倒して優勝賞金を獲得した。 いくつかの小規模なトーナメントプレースメントは、以来、彼は2017年に再びタイトルを保持するために探しています。

 

終わり

 

欲しいものリストです。送ってくれたらめちゃくちゃ嬉しいです。

http://amzn.asia/8QHLQUg

レノメイジのガイドの日本語訳

デッキガイドの翻訳

著者はおなじみのSigmaさん

リンクは

https://www.good-gaming.com/guide/867

始まり

 デッキリストはこれ

f:id:colorcolor1128:20170220143052p:plain

レノメイジのガイドへようこそ!このシーズンにシャーマンを使わないという賢明な選択をしたのならば、レノメイジをプレイしましょう。それは正しい選択です!ガイドを進めていくうちに、このデッキタイプをしっかりと理解し、ラダーを登ることができます(ドルイドとプリーストでさえ勝てます)。

 

ガイドは、導入(豊富なものです!)から始まります。これはレノメイジの始まりであり、ゲームの始めに何をしようとするべきかを明らかにしながらマリガンを示し、戦略ガイドではデッキの仕組みを説明するだけでなく、2つの特別な戦略を含んでいます。最初の2つはカザカスのポーションとヒーローパワーへのアプローチを説明しています。3つ目はコミュニティによるこのデッキに対するFAQとマッチアップとその勝利のための重要なカードを示しています。最後に、デッキからあなたが直面しているメタにデッキを調整するのに役立つテックチョイスがあります。

 

長い間、メイジといえばメックメイジかテンポメイジでした。しかし最近ではメイジはもっとボードをコントロールする遅いデッキになりました。レノメイジはパッチーズとちんけなバッカーニアを採用していないにも関わらずラダーで成功しているデッキの一つです。その理由はシャーマンやウォリアーに有利だからです。レノメイジは安くて強い呪文によって構成されています。カザカス、アジュア・ドレイク、ウォーター・エレメンタル、ソーリーサン皇帝などのミニオンがあるゲームの中盤に移行しながら、ボード全体やミニオン一体にダメージを与える呪文を使っていきます。レノメイジを完成させるために魔素を集めている状態であったとしても、以前にReno Mageをプレイしていたとしても、このガイドはあなたに洞察を与え、デッキを正しくプレイする方法を教えてくれるはずです。では入ってみましょう!

 

マリガン

このデッキのマリガンはかなり種類があって、アグロとコントロールに分けるだけではなく、マリガンは相手のヒーローに基づいています。 これは、シーズン35(2017年2月)のメタのものであり、更新されない限りは4または5シーズン後では正確ではない可能性があります。 一方、「コイン有り」と「コイン無し」には分けられませんが、差異は通常はあまりにも小さいです。

 

f:id:colorcolor1128:20170220142933p:plain

f:id:colorcolor1128:20170220142940p:plain

f:id:colorcolor1128:20170220142949p:plain

f:id:colorcolor1128:20170220143001p:plain

f:id:colorcolor1128:20170220143015p:plain

f:id:colorcolor1128:20170220143021p:plain

 

このガイドの戦略部分は3つの部分に分かれています。 最初の1つはデッキへの一般的な戦術をカバーし、2つ目はカザカスのポーションをカバーします。さまざまな状況でのカザクスの取り扱いとping(別名、あなたのヒーローパワー)について詳しく説明します。 三つ目は新しいプレイヤーの質問があります。

 

一般的な戦術

マリガンからも分かるように、ラダーで出会う様々なデッキへのアプローチは大きく異なります。 アグロシャーマンや海賊ウォリアーのような攻撃的なデッキの1つに直面している場合は、多くを計算し、可能な限り最良の方法で全ての処理をする必要があります。

 

最高のスタートは:

 

アグロに対して:T1超うざい調剤師、T2終末預言者、T3火山ポーション、T4カザカス

 

コントロールデッキに対してT1おしゃべりな本、T2 ヒーローパワー、T3カバールの飛脚/魔力なる知性/ブラン(空のボードで除去される可能性が低い場合)/ T4ウォーター・エレメンタル/カザカス(前にブランをプレイした場合)

 

「2ターン目に終末預言者を出す」ルールにはいくつかの例外があります。レノロックが相手の時は、トワイライトドレイクや山の巨人を出す前に終末預言者を出したいです。山の巨人はターン4で一番早く落とすことができますが、ドレイクはもっと早く出すことができることに注意します。魔力の炸裂、フロストボルト、または忘れられた松明のような軽い除去呪文は、序盤の攻撃に対しては自由に使用する必要があります。

 

中盤では、あなたが早いデッキと対決しているならば、火山ポーションをプレイし、良いカザクスのポーションを手に取ってボードをコントロールする必要があります。それらのどちらも起こらなければ、特にあなたがレノを手に持たない場合、あなたは負けるでしょう。より遅いデッキに対しては、魔力なる知性やカバルの魔導書のようなカードの助けを借りて、可能な限り多くの選択肢を使えるようにします。あなたのカードを数えて、持ち過ぎていないことを確かめてください。 終末預言者を遅いデッキに対して使うのならば密言:痛のような簡単な除去スペルで死ぬかもしれないという事実を念頭に置いてください。相手はミニオンを召喚/バフしてくるので、呪文だけで除去することは難しいです。ですから例えばカザカスのポーションミニオンを召喚してボード上で攻撃を試みてください。レノロック相手には、相手がジャラクサスに変身したときに、10以上のダメージを与えるためにバーストスペルを置いておいてみてください。

 

「終盤」は、速いデッキに対しては存在しません。彼らは「大金持ちになれるぞ」と聞けばコンシードするからです。それでも相手にチャンスがあるようだったらカザカスやフレイムストライクで除去してアレクストラーザを回復に使います。 プリーストやドルイドのようなより遅いデッキに対しては、あなたがゲームをリードする必要がありますが、もしあなたがミニオンでボードを持っていなければ、通常はブラン + カザカスの組み合わせによってミニオンの大群を処理します。下記にカザカスのポーションについて書きました。

 

カザカスについて

ポーションの項にようこそ! 皆さんが知っているように、カザカスはおそらくHearthstoneの最も多様性なカードの1つで、ゲームの現在の状態に応じて自分の武器を作ることができるカードです! ポーション作成には多くの可能性がありますが、実際にはさまざまな状況に適した組み合わせが3つしかありません。 あらゆる組み合わせは、あなたが今直面していることに依存するはずです。 それはアグロシャーマンですか? またはもう一つのレノメイジ?

 

マナは最初に決定するものなので、これから考えましょう。 1マナ、5マナ、または10マナ? カザカスすべてに関することなのですが、これはあなたが直面しているものに依存します。それをアグロとコントロールの2つに分けましょう。

 

あなたがアグロシャーマンや海賊ウォリアーのような速いデッキに直面していて、たくさんのプレッシャーを受け、パニックボタンが必要な場合は、1マナのポーションに行ってください。 1マナのポーションの問題は、アグロ・デッキが投げ捨てる多くのミニオンに対処できないことです。フェルブロムのようなコンボ(全てに2点のダメージ)+ファイア・オブ・ファイア(一つのターゲットに3点のダメージを与える(これからSTと呼ぶ))。それはあなたをたくさん助けることができます。あなたの対戦相手が多くのミニオンを投げ捨てることができず、まだ余裕がある場合は、5マナのスペルに行きます。 Felbloom(全部で4点のダメージ)、Stonescale Oil(武器7点の鎧)、Heart of Fire(STの5点のダメージ)、さらにKingsblood(2点のドローイング)など、最高の選択肢がいくつかあります。

 

コントロールに対して、それは誰がゲームをリードしているかにかかっています。急いでバリューの低いゲームをやってみようとしていますか?遅くてバリューのあるゲームをプレイしている場合は、テンポはありませんがバリューの高い10マナの​​ポーションに行ってください。一方、あなたがリードしたい場合は5マナのポーションを取ります。5マナのポーションによるミニオン召喚はテンポが素晴らしいです。あなたがすでに死んでいた多くのミニオンを持っていたならIchor of Undeath(このゲームで亡くなったフレンドリーミニオン2人を召喚する)は素晴らしいです。そうでなければ、ネザーブルーム(5/5デーモンを召喚する)は素晴らしいです。あなたがボードを取りたいならばGoldthornでヘルスを高めることができれば、素晴らしいです。

 

さて、ゲームが非常に遅い場合(通常、コントロール戦士やドラゴンプリーストに対して)、通常は10個のマナ・スペルになると、Ichorのような5個のマナ・ポーションで言及されたのと同様の効果を出そうとするべきです 不死鳥、ネザーブルーム、ゴールドソーン。 あなたの対戦相手がボードに多くのシャドーを持っていて、特にN'Zothをデッキで動かした場合、Mystic Wool(AoE Polymorph)は大きな価値をもたらすことができます。

 

10マナのポーションの話をします。もしあなたが遅いデッキと終盤を行っているならば5マナのポーションと同じ組み合わせが良いでしょう。相手がンゾスといったデッキを使用しているならばMystic Wool(全員羊にする)がバリュー高いでしょう。

最悪であるポーションの組み合わせは、Shadow Oil(あなたの手にランダムなデーモンを加える)とIcecap(敵のミニオンを凍結する)です。 また、画面に引表示ボタンがあることを忘れないでください。これは、特定の状況で必要なものをはるかに簡単に決めるのに役立ちます。

 

ヒーローパワー

上で説明したようにメイジは可能な限り多くの選択肢をターンで利用できるようにしなければならず、一般的に "ping"と呼ばれるヒーローパワーは大きな部分です。 ゲームの後半では、使用可能なマナがほとんど常にあるので、それをもっと簡単に使うことができますが、最初はpingに全てのマナを使うのかの判断が難しいです。よく考えて判断しましょう。

例を見てみましょう。

f:id:colorcolor1128:20170220143134p:plain

あなたはここで何をしますか? あなたはカバールの飛脚を出して、良い呪文を狙いますか?それとも5/3の海賊を倒すことができるスタッツなのでソウルキャスターを出しますか? これはそんな簡単な問題ではありません。

f:id:colorcolor1128:20170220143157p:plain

海賊ウォリアーが出すミニオンの殆どはヘルスが2以下だということを心に留めておくと、あなたは火山ポーションのバリューを高めることができます。我々はレノを出せばアグロデッキは終わるということを知っています。pingを念頭に置いておくことは、デッキに対する非常に良いアプローチです。

 

FAQ

ドブネズミを序盤に出すべきだと思うのですが、どうしてそれはマリガンにいませんか?

 

すぐに引っ張られたミニオンに対処できないなら、プレイしてはならない。あなたが敵の手からミニオンを引っ張った直後に、除去呪文を使うことができるように、ドブネズミは通常、レイトゲームでプレイされます。

 

ブランはいつプレイしますか?

 

彼を置いておいて、カザカス、スナック売り、ドブネズミ(試合の終盤)、またはアジュア・ドレイクのような雄たけびカードと彼をプレイしてみてください。あなたが本当に早めにプレッシャーを感じているなら、彼は基本的には挑発的な役目を果たすので、3ターン目に彼を出しましょう。

 

 

私はソウルキャスターをレノと共に使うべきですか?それ以外はいつプレイするのですか?

 

コントロールマッチアップ(Mage、Warlock、Priest、Druid、Paladin)に対して、間違いなくあなたはすべきです。彼女は3マナとしてそこそこのスタッツを持っているので素で出してもいいです。レノ以外で彼女と共に素晴らしいことができる他のカードは、カザカス、ソーリーサン皇帝、そしてアレクストラーザです。 それらを殆ど使ってしまったならばアジュア・ドレイクでもいいです。

 

いつ呪文と組み合わせずにサルノスをプレイしますか?

 

通常、試合の序盤では重要なアンチアグロ呪文やミニオンがほとんどありません。そういう場合はただのサイクルカードとして使いましょう。

 

どのヒーローが相手ならばファイアーボールを使う事を控えめにするべきですか?

 

バーストダメージを出す必要がある場合はそれを使いません。レノロックに対してはジャラクサスに変身した後にバーストダメージを出す必要があります。プリーストに対してボードを取られているならばアレクストラーザで15 HPに下げることでチャンスができます。

 

5/5のミニオンに動物変身を使ってもいいですか?

 

デッキにもう多くの大きな脅威がなくなっていることが分かっているなら、いいです。レノロックに対しては山の巨人とトワイライトドレイクを待ってみてください。プリーストにはドラコニッド諜報員、シャーマンに対しては、4/7/7など、良い目標です。

 

マッチアップ

すべてのマッチアップに対してのキーカードは試合を簡単に変えることができるので、適切な瞬間にプレイすべきカードとして提示されています。 Tier1,2のデッキは、勝率がありますが下位層のそれを決定するのが非常に難しいです。 マッチアップはクラスごとにソートされます。 勝率を証明することがとても難しいため勝率を除外します。

 

シャーマン

アグロ -有利なマッチアップ - シャーマンは、レノで回復した後でもリソースが豊富なため、海賊ウォリアーよりも少し面倒なことがあります。そのため、他のカードも重要です。ゲームの早い段階では、超うざい調剤師、終末預言者、火山ポーションなどの助けを借りて、あなたがボードをコントロールする必要があります。ファイアランドのポータルやフレイムストライクのような後発カードもボードコントロールに使えます。相手が何か武器を付けた時にウーズを出しましょう。武器が見えないなら、相手はドゥームハンマーを持っているかもしれません。

 

キーカード:レノ、ウーズ、カザカス、フレイムストライク

 

ミッドレンジ翡翠- 振りマッチアップ – 翡翠デッキの悪い面は、私たちの主な除去呪文の範囲を超えてますます大きくなっていくところです。ブラン+カザクスのコンボは、このマッチアップでは重要なのですが、それらの10マナのポーションはおそらくあなたのベストショットです。動物変身を4/7/7に使うのではなく、代わりにアヤに使うことを覚えておくことが重要です。また、あなたが出した大きなミニオンは呪術によって処理されるので、常にそれに備えておくことを忘れないでください。このデッキに多く直面している場合は、このデッキリストにいくつかの変更が必要であるため、以下のテックカードのセクションを確認してください。

 

キーカード:ブラン、カザカス、フレイムストライク、ファイアランドのポータル。

 

ウォリアー

海賊 –有利マッチアップ - このデッキは、おそらくレノのおかげで、海賊ウォリに対する最も良いカウンターの1つです。また火山ポーションや魔力の炸裂のような序盤の除去がたくさんあります。 カザカスのポーションは彼らに対して脅威であり、レノを出せば相手はコンシードします。 終末預言者をできるだけ早く出しましょう。(コインでこれを出すことは、悪い考えではありません)すでにボードにミニオンがいる場合、3ターン目にそれを出せば処理できます。

 

キーカード:レノ、カザカス、終末預言者、超うざい調剤師

ローグ

ミラクル – 有利マッチアップ - ローグには、与えられるダメージの量に限界があります。 そのダメージがなくなり、ソウルキャスターの助けを借りてレノを1回または2回出すだけでも、相手にチャンスがありません。 あなたのヘルスに注意を払い、相手が使えるマナであなたにどれくらいのダメージを与えることができるかを考えます。 彼らは多くのミニオンを出さないので、忘れられた松明やフロストボルトのようなもので簡単に取り除けます。エドウィンのために動物変身を保存してください。

 

キーカード:レノ、フロストボルト、ソウルキャスター

 

ドラプリと翡翠ドルイド

不利マッチアップ - ドラゴンプリーストと翡翠ドルイドは、基本的にレノメイジにとって悪夢です。 彼らの高いヘルスのミニオンとカーバルのかぎ爪のプリーストがバフすれば、処理が難しくなります。ネザースバイトの歴史家と翡翠の偶像の助けを借りて、両方のデッキは、大量のミニオンを生み出すことができます。 対抗する手段はブランとカザカスの組み合わせです。 カザカスにソウルキャスターを使用することも良い考えです。 これらのデッキに多く直面している場合は、このデッキリストにいくつかの変更が必要であるため、以下のテックカードのセクションを確認してください。

 

キーカード:カザカス、ブラン、ファイアーボール

 

ウォーロック

レノ‐有利マッチアップ – 基本的にレノメイジは除去が多いのでレノロックを倒すことができます。 ジャラクサスに変身されれば呪文でかなり簡単に15ダメージを与えることができます。 山の巨人またはトワイライトドレイクのために動物変身を置いておけば勝ちます。

 

キーカード:動物変身、カザカス、ファイアランドのポータル、アントニダス

 

メイジ

レノ‐ ミラーマッチでは、ブラン+ Kazakusをしてどちらがボードにミニオンを維持できるかに全てがかかってきます。相手の処理を強要できているならば勝てるでしょう。 カバールの飛脚は、非常に遅いカードを手に入れるのを手伝ってくれます。そして、もう一枚のアイスブロックを最初に貼ったほうが、通常勝者です。 あなたがアントニダスから得たファイアーボールの量もまた重要です。

 

キーカード:ブラン、カザカス、アントニダス、アイスブロック

 

テックチョイス

不利マッチアップと多く出会うのならば。デッキを変えましょう。精神支配技師をスナック売りと入れ替えれば、ブランとドブネズミと精神支配技師のコンボによって翡翠ドルイドやドラゴンプリーストに対してボードを奪い返すことができます。

もしファティーグ勝負でバーストダメージを出したいと思うならば、ソリアとパイロブラストを入れましょう。スナック売りや禁じられし炎が入れ替え候補です。このコンボを使えば早い段階でバーストダメージを出せますが、多くの人々はファイアランドのポータルとかと共に使う事でテンポを奪い返す使い方もしています。

 

終わり

 

ミラクルローグのガイドの日本語訳

デッキガイドの翻訳

著者はSigmaです。

元記事のリンクはこちら

Good Gaming, Inc. - Where Amateurs Become Pros - View ContentGuides

導入部分は、ミラクルローグについての説明だったので、マリガンから訳しました。

残念ながら戦術のところまでしか訳せていません。

ここから先は随時追記していきます。

 

マリガン

マリガンは相手によって変わります。最近では、ドルイドパラディンは遅いデッキであり、プリーストやハンター、シャーマンはミッドレンジ、ウォーリアとローグは早いヒーローです。注意してほしいのは、ここに書かれている環境は2017年1月(S34)なので、変わると思います。コインを持っていれば、巨大なエドウィンを作り出すことができます。

f:id:colorcolor1128:20170130202658p:plain

f:id:colorcolor1128:20170130202723j:plain

f:id:colorcolor1128:20170130202637p:plain

f:id:colorcolor1128:20170130202551p:plain

 

通常の戦術

戦術の話をする前に、デッキトラッカーを導入することをお勧めします。なぜならデッキに何の呪文が残っているのかを知ることは重要だからです。では戦術の話をしましょう。

つい最近までは、ローグの序盤といえば死角からの一刺しとヒーローパワー、2ターン目のコインとSI7の組み合わせしかありませんでした。海賊が来て変わりました。マリガンを見てもらったら分かるように全ヒーローに対して海賊をキープします。海賊ウォリアー、アグロシャーマン、ローグといった海賊を使っているヒーローに対しては海賊を強く求めるべきです。序盤は、トレードをするにしろフェイスを叩くにしろ海賊を召喚するべきです。ちんけなバッカーニアはヒーローパワーによってバフされます。もし不幸にもパッチーズが手札に来てしまった場合は、使わないでおきましょう。コンボの引き金になります。海賊を採用している他のヒーローに比べると、ローグは安定してちんけなバッカーニアの効果を発動できます。ですから、確実にこれを利用しましょう。死角からの一刺しは序盤のテンポを奪い取る強力な方法の一つです。武器を振る前にこのミニオンをプレイするように気をつけましょう。

 

理想の展開

コインがあるとき:1Tちんけなバッカーニア 2Tヒーローパワー 3Tコインと墓荒らし 4T偽造コインとアジュア・ドレイク

死角からの一刺しは強力です。アジュア・ドレイクと組み合わせれば3ダメージを与えられることも覚えておきましょう。

 

コインがないとき1Tちんけなバッカーニア 2Tヒーローパワー 3Tちんけなバッカーニアとヒーローパワーか遅いデッキに対するクエスト中の冒険者と段取りと隠蔽 4T墓荒らし 5Tアジュア・ドレイク

 

中盤はとても面白いところです(難しいところでもあります)。ミラクルターン(競売人のいる6ターン目)が近づいてくるにつれて相手のミニオンチェックメイトにすることを楽しみにしましょう。墓荒らしかアジュア・ドレイクと死角からの一刺しか段取りと腹裂きはとても強烈です。ガジェッツァンの競売人がハンドにないようなときはこのようにコンボパーツを使用してしまいます。そうやってボードを取りましょう。

また、アジュア・ドレイクと組み合さなければ呪文を使ってはいけないという考えも辞めましょう。アジュア・ドレイクはそれ自体だけでもそこそこのスタッツを持っています。(とくにプリーストには強い)

 

ガジェッツァン使用時に気を付けること

  • まずデッキトラッカーを見て残っている呪文を見て、引く確率を確かめましょう。例えば段取りを使うべきか使わざるべきかということに関わってきます。
  • もしコインは手札にあるときは、それを競売人をプレイしてから最初に使うようにしましょう。なぜなら段取りの後に使う事になってしまうと、意味がないからです。
  • もし死角からの一刺しが手札にあるときは、ナイフの雨といったダメージを与える呪文を使う前に使いましょう。
  • もし隠蔽があるならば、競売人を隠すプランを立てましょう。先に攻撃を忘れずに。
  • コインが三枚あるならば巨大なエドウィンを出せます。しかし、エドウィンに心を奪われすぎて、一つや二つドローしただけで満足しないようにしましょう。

 

6,7ターン目の素晴らしい動きは相手のミニオンを処理して隠蔽することです。フィニッシャーは冷血とリロイのコンボで10ダメージを与えることです。トップから腹裂きや冷血を引いてさらにダメージを与えられることもあります。

 

コンボについての戦術

よく質問されることは「クエスト中の冒険者やエドウィンをいつプレイするべきか」ということです。この章ではそのことについて明らかにしたいと思います。

クエスト中の冒険者は明らかにSI7よりも遅いです。SI7は簡単に3ターン目にテンポカードとしてコンボなしでも出すことができます。しかしクエスト中の冒険者は何とも組み合さなければ95%は意味のないものとなるでしょう。クエスト中の冒険者をプレイするには2通りの方法があります。一つ目はアジュア・ドレイクや墓荒らしといったカードがない場合に呪文と組み合わせて4ターン目か5ターン目に出す方法です。こうすればそこそこのスタッツを手に入れられます。また相手は処理しなければいけないので必要以上に処理しようとするはずです。もう一つの方法はエドウィンのように終盤で多くの呪文と組み合わせて使用する方法です。長所と短所がそれぞれにあります。序盤に出せば、相手にプレッシャーを与えることができるでしょう。終盤で使えば遅いデッキに対して大きなミニオンを出せます。

 

つまり相手のデッキがどうやって巨大なエドウィンやクエスト中の冒険者を処理するのかということに注意しましょうということです。プリースト、シャーマン、メイジ、ドルイドウォーロックですか?密言 死、呪術、動物変身、マルチ、ブラストクリスタルのポーションを相手は使う可能性がありますか?もしこれらの問いに対して答えが「かなり高い」ならばオールインするのではなく4/4の冒険者や6/6のエドウィンがいいでしょう。

もし相手が処理する方法を持っていないのならば、コンボを溜めて強力なエドウィンや冒険者を作った方が良いでしょう。隠蔽を組み合わせれば驚くほど素晴らしいです。

 

質問コーナー

 

死角からの一刺しを使うか、トレードするかで悩むんですが

死角からの一刺しは序盤の強い除去です。これによってデッキのミニオンのバリューを生かすことができます。死角からの一刺しのダメージだけじゃミニオンを処理できないときだけトレードするようにします。

デッキトラッカーを使ってデッキに残っているアウトの数(ダメージを出す呪文の数)を覚えておきましょう。もしアウトが少ないのならばフェイスにいくことも悪くないです。

 

フェイスでミニオンを除去するのはどんなときですか

アグロシャーマンや海賊ウォリといったアグロデッキに対してはフェイスで処理しすぎないようにしましょう。彼らに対しては25ヘルスあたりでは不必要にフェイスで処理しないようにします。他のヒーロー、レノロックやレノメイジといった大ダメージのコンボを持っているヒーローに対しては相手が10マナで最大何ダメージ出せるのかを考えます。

例えばウォーロックはリロイ+凄まじき力+無謀の操り手で20ダメージを出せます。凄まじき力無しでは12ダメージです。一方で、ローグは冷血か腹裂きを一枚も使っていなかったら20ダメージ出せます。相手のカードを覚えておくことは大切なことです。

 

ヒーローパワーでフェイスを殴るべきタイミングは?

確実に次ターンにマナが余ると分かっている時以外はヒーローパワーで相手の顔を殴りません。

私が使っているリストとは違い、致死毒を採用しているのならば、ますますフェイスを武器で殴るべきではありません。3ダメージ損しているからです。

一方で、1ダメージ足らないという事に気付いた時は、次のターンに相手を倒すためにフェイスを武器で殴るべきです。

 

即座に発動できる呪文を持っていなくても競売人を出していいんですか

もし後に続く呪文を持っていないのならばダメです。しかしもし段取り+隠蔽ができるのならば、いいでしょう。

ボードに自分のミニオンが3体いる時にどれに冷血をつけるべきでしょうか。

まずは自問自答します。「どのミニオンが相手にとって一番脅威だろうか」例えば競売人です。誰もが競売人を倒そうとするので、冷血は別のミニオンにつけたほうがいいでしょう。

プリーストに対しては密言:死があります。相手は密言:死を使いましたか?もし使っていないならば、パッチーズに冷血を付けてもいいです。アジュアドレイクとかにつけるよりもよっぽどいいです。

 

リロイをトレードに使うタイミングは?

呪文ダメージでは処理できないような挑発ミニオンとかです。例えば、トワイライトの守護者とかです(3/6の挑発をもったドラゴン)。それとか翡翠の巨像です。あとはファンドラルや相手の競売人といった放置できないミニオンです。

リロイと武器やリロイと死角からの一刺しで相手のミニオンを処理してこちらのミニオンを生かすほうが正しい事もあります。

 

ハンドに呪文がなくて、競売人を出してから段取りを使ってもいいの?

これこそデッキトラッカーの出番です。次のカードが呪文である確率を出しましょう。もし30%以上ならばサイクルのために使ってもいいでしょう。もし呪文もハンドになくてエドウィンやクエスト中の冒険者もいない場合は段取りの効果は得られないですが、デッキを回せます。

 

デッキサイクルの為だけに競売人に死角からの一刺しを打ってもいい?

これはダメな習慣です。そして強く反対します。しかしどうしてもドローがしたくて競売人が4/2になったとしても相手が処理できないということを知っている場合は使ってもいいでしょう。

他のミニオン(パッチーズや墓荒らし)に死角からの一刺しを使う事は全く構いません。役に立たないミニオンはカードドローに使いましょう。

 

ミラクルローグのコツはなんですか

ミラクルローグは難しいデッキです。ですから上手くなりたいならば必死にやりましょう。あまり自信のない場面のスクショをとって、後から見直す事も大事です。今後、同じような状況に出会う確率が高いです。そのときに準備をしていれば、ミスプレイをせずにすむでしょう。もし、ターンの判断に時間が足りないようだったらスクショをとって後でチェックしましょう。

もしデッキトラッカーを使用していないのならば、使いましょう。

また、配信やプロのプレイングを見たりすることもオススメです。プロのプレイを見る前に一時停止して、あなた自身のプレイを考えてみましょう。RyzenとかMrYagutとかおすすめです。

 

マッチアップ

個人的な試合に基づいて判断しました。マッチアップの有利不利のパーセンテージは以下の通りです。

とても悪い-20%-29% 悪い30%-39% 普通40%-59% 良い60%-79% とても良い80%-100%

キーカードはそのマッチアップで重要となるカードで正しいタイミングで正しく使われるべきカードです。1,2ティアのマッチアップの勝率はカバーされています。マッチアップはクラス別に記載されており、勝率ではありません。

 

シャーマン 

アグロシャーマン 普通 40% 

 勝利のカギはちんけなバッカーニアを序盤に出せるかです(パッチーズがデッキにあることを祈りましょう)。序盤ではトンネルトログやトーテムゴーレムといった強いミニオンに除去を打ちましょう。4/7/7は昏倒をして処理します。

キーカード ちんけなバッカーニア 死角からの一刺し 昏倒

 

ミッドレンジ翡翠 普通 50%

 ミッドレンジシャーマンは新しいデッキです。これはアグロシャーマンよりも少しだけ有利です。なぜなら相手はヒーローパワーを多用するので、こちらのボードを広げられるからです。このマッチアップでは攻撃的になりましょう。ライトニングストームには気を付けてください。アジュア・ドレイクと墓荒らしに呪術を使わせられればエドウィンが生きます。シャーマンには隠蔽に対する術がないので、ガジェッツァンのために隠蔽を使わないという事はしないようにしましょう。

キーカード ちんけなバッカーニア、墓荒らし、アジュア・ドレイク、隠蔽

 

ウォリアー 

海賊ウォリアー 普通 40%

 相手がすごいハンドだったら手のつけられないマッチアップの一つです。相手の海賊は全て処理して武器が育たないようにしましょう。泡を吹く狂戦士とブラッドセイルの狂信者のために腹裂きを残せたら残します。例えミラクルのターンじゃないとしてもテンポのために段取りを使う事を躊躇わないでください。

キーカード ちんけなバッカーニア、死角からの一刺し、段取り、腹裂き

 

ドラウォリ 普通 50%

 ドラウォリは海賊ウォリと同じ方法で立ち向かいます。ただ、段取りを使うかどうかは考えてください。素晴らしいテンポをもたらすでしょうか。もしもたらすのならば使いましょう。もしそうでないならば、ミラクルのターンのために取っておきます。ドラゴニッドクラッシャーやラグナロスなどの大きいミニオンのために昏倒は置いておきます。

キーカード ちんけなバッカーニア、死角からの一刺し、腹裂き

 

ミラクルローグ 普通 50%

 ミラーは誰が最初に墓荒らしを場に出せて、段取り+腹裂きで効率よく除去できるのかにかかってきます。隠蔽はローグに対してとても強いです

キーカード 墓荒らし、隠蔽、ガジェッツァンの競売人

 

ミッドレンジハンター 有利 60%

 今ではハンターはほとんどいません。昏倒はサバンナハイメインに打ちましょう。フェイスに行きすぎず、丁寧に獣を処理して、猟犬使いといったシナジーを発揮させないようにします。蜘蛛を処理するのにナイフの雨は役に立ちます。

キーカード ちんけなバッカーニア、昏倒、墓荒らし

 

プリースト

ドラゴンプリースト 普通 55%

 ドラゴンプリースに対しては、相手がどれほどマナカーブよくプレッシャーをかけてくるのか、こちらがどれだけ正しくプレッシャーをかけられるのかにかかってきます。序盤の海賊や中盤の墓荒らしやドレイクといったミニオンでボードを支配することが大切です。

キーカード 死角からの一刺し、墓荒らし、アジュアドレイク

 

レノドラプリ 有利 60%

 レノプリは少しだけ有利です。なぜなら相手がテンポ通りの動きをすることが困難だからです。そこそこのスタッツがとても価値があります。巨大なエドウィンやクエスト中の冒険者は密言:死で死にますから出さないようにします。

キーカード ちんけなバッカーニア、アジュア・ドレイク、ガジェッツァンの競売人、エドウィン

 

翡翠ドルイド 有利 60%

翡翠は大して問題ではありません。なぜなら脅威となるミニオンを処理するカードがこちらには多くあるからです。相手が序盤で、強いゴーレムを出してきたらボードクリアをこちらは持っていないのできついです。ドルイドに対しては除去をキープしてクエスト中の冒険者やエドウィンを育てましょう。

キーカード エドウィン 腹裂き、死角からの一刺し、隠蔽

 

パラディン 有利 60%

鯛パラはとても遅いデッキです。ですから呪文などは使わず、ミラクルのターンに使いましょう。ミニオンが鍵です。特に墓荒らしです。これからコインを貰ってミラクルのターンに使います。

キーカード ガジェッツァンの競売人、墓荒らし、アジュアドレイク

 

レノロック 有利 60%

レノロックに対してはボードを失いすぎないようにしましょう。相手の魂抽出やブラストクリスタルのポーションといった強い除去を使わせましょう。そうしてからコンボのやつら(エドウィンやクエスト中の冒険者)を出します。相手は一度に3ダメージ以上だせる全体除去がありません。(カザカスのポーションや悪魔の憤怒を同時に使われるといった珍しい事がないかぎり)

ですから隠蔽が強いです。

 

レノメイジ 普通 55%

レノロックにくらべて、メイジは大量の除去を持っています。また、フレイムストライクといった強い全体除去もあります。レノメイジはアイスブロックがありますから、一度のターンで倒せません。さらに。レノをコピーされて、再利用されることもります。他のデッキよりかはチャンスがありますが、2枚のレノはダメージが足りないかもしれません。終末預言者に昏倒を打ってもかまいません。

キーカード ガジェッツァンの競売人、墓荒らし、アジュアドレイク

 

テックチョイス

もしこのデッキが遅すぎてアグロに弱いと感じたならばクエスト中の冒険者をSI7にしましょう。もし怪盗紳士が弱いと感じたならば南海の甲板員にしましょう。もし、速いデッキに対抗したいならば、偽造コインと一枚の隠蔽を致死毒にします。

 

以上日本語訳

OTKハンターのガイドの和訳

デッキガイドの翻訳

Hearthpwnに掲載されているデッキガイドを日本語に訳しました。

 

今回はハンターのデッキです。OTKの部類ですね。

ハイエナとサイと大量の獣によるコンボデッキです。

著者はAntonAmby

リンクはこちら

http:// http://www.hearthpwn.com/decks/719434-one-turn-kill-math-hunter-antonamby

デッキリストはこちら

 

f:id:colorcolor1128:20170128151212p:plain

以下日本語訳

 

こんにちは。ハンターは現在の環境において弱いクラスです。ですからハンターのデッキを作りました。ツンドラサイと腐肉食いのハイエナといくつかの小さな獣をワンターンにプレイして相手を倒すというデッキのアイデアが思いつきました。

ソーリーサン皇帝はコンボに使えます。このデッキを使ってみて、サイとハイエナとソーリーサン皇帝を引ければ勝てるということが分かりました。ですから、ドローカードを入れています。

 

マッチアップ

このデッキはフェイスウォーリアーとシャーマンには弱いです。なぜなら回復カードがないからです。爆発の罠で対抗するしかないのです。

ミッドレンジシャーマンは有利です。

レノメイジはアイスブロックを引かれない限り有利です。

レノロックとレノプリは有利です。出来る限りはやくコンボをしましょう。

 

コツ

  • 相手のターンに考えましょう:ソーリーサン皇帝を出してコンボのダメージを考えているような時間はありません。なぜなら演出のせいで時間が取られるからです。ですから相手のターン中に考えましょう
  • アグロデッキに対してはコンボパーツも使っていきましょう:アグロデッキに足していはハイエナや猟犬を放てやサイをボードクリアのために使います。勝ち筋はボードの除去をして相手のリソースを切らせることです。
  • コンボではトレードをします:このデッキはハイエナの効果により、小さな獣でフェイスを叩くよりもトレードを行った方がよりダメージを出せます。相手のミニオンを倒してどれほどのダメージを出せるのか計算しましょう。もしかしたら、森林オオカミを出す前にトレードを行う事で、より多くの獣が死んで、ダメージを出せるかもしれません。
  • 残ったマナはドローに使いましょう:ソーリーサンや他のカードをより早く引くためにできるかぎりドローをしましょう
  • ダイアウルフリーダー:ダイアウルフリーダーのことを覚えておきましょう。つまりミニオンの配置に気をつけましょう

 

 

 

ミッドレンジシャーマン(レジェンドまで勝率67%)のガイドの和訳

デッキガイドの翻訳

今回はミッドレンジシャーマンのデッキガイドの和訳です。67%の勝率でレジェンドにいったらしいので強いんだと思います。

以下リンク

theoddone23's Legend (67% WR) In-Depth Wind & Fire - Hearthstone Decks

 

ここから日本語訳

 

こんにちは。私の名前はIvonaです。何度かレジェンドに到達しています。

 

デッキリスト

f:id:colorcolor1128:20170122141349p:plain

レジェンドの証拠と勝率

prnt.sc

 

戦術とマリガンについて。

レノロック 

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログがあるなら精霊の爪ではなくこっちのほうがいいです)、トーテムゴーレム、呪術(山の巨人やトワイライトドレイクのために)

戦術は、序盤にプレッシャーをかけることです。しかし地獄の炎、影の炎、悪魔の憤怒などには気をつけましょう。レノロックに勝つには血の渇きが重要です。相手のライフを徐々に削っていきながらそこそこのボードから巨大なダメージを生み出します。そうして、14から15のライフを一気に削ります。血の渇きで重要なことはボードを広げすぎないことです。広げすぎると、相手は警戒してボードクリアをしてきます。アヤ、ラグ、アラキアはとても強いです。相手が回答を持っていなければ勝てます。コインからのトーテムゴーレムは終末預言者がいるので、もし2ターン目に出せる1マナがいなければ、やめておきましょう。

 

プリースト(ドラゴン、レノ)

ライトニングボルト(ドラプリに対して)、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログがあるなら精霊の爪ではなくこっちのほうがいいです)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)

上のレノロックと勝ち筋は同じで血の渇きです。ドラプリに対してはボードを獲得することが重要になってきます。翡翠の稲妻はボードに使います。呪術はドラコニッド諜報員とかに使いましょう。終盤では、こちらが強いです。適切にAOEを使えばプリーストは息切れするでしょう。

 

ローグ(海賊ミラクル)

ライトニングボルト(ちんけなバッカーニア、SI7、のため)、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もし、マナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術、マナカーブがいいなら翡翠の稲妻(ローグのミニオンはヘルスが4のものがおおい)、メイルシュトロームのポータルも序盤の海賊を倒すのに役立つ

ローグはミラクルされると難しいマッチアップです。トーテムゴーレム、トンネルトログ、野獣の精霊で強いボードを作りましょう。オーバーロードしすぎて呪術や翡翠の稲妻を次のターンに使えないということにならないように気をつけて。ボードを埋めて隠蔽されたらサルノスと組み合わせてライトニングストームを打ちます。ローグは回復や挑発がいないので、バーストダメージで打倒します。

 

ウォリアー(アグロ+コントロール

アグロ:ライトニングボルトは序盤の除去のために、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。

このマッチアップは序盤にボードをとれたら有利になります。上記のカードで海賊を処理します。オーバーロードしすぎて泡を吹く狂戦士に呪術を使えないなんてことにはならないように気をつけましょう。ヒーローパワーは挑発を生み出す可能性がありますし、地底よりのもののマナを下げてくれますから重要です。できるかぎり使ってみましょう。アラキアは強いです。相手のリーサルダメージを数えながら戦いましょう

 

コントロール:精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、トーテムゴーレム、ブラッドメイジサルノス(精霊の爪があるなら)、バーンズ(マナカーブがいいなら)

これは乱闘と報復があるので厳しいマッチアップです。ボードに並べるのは3ミニオンまでにしましょう。強いミニオンがボードにいるならヒーローパワーは避けます。なぜなら乱闘でヒーローパワーのトークンが生き残るかもしれないからです。できるかぎり翡翠のゴーレムでプッシュしていきます。呪術はシルヴァナス、グロマッシュ、イセラに使います。鎧職人を倒す方法がないなら、これに使ってもいいです。アヤ、ラグナロス、アラキアといった強いミニオンを出す前にAOEを吐かせましょう。つまりこれらのミニオンをプレイする前にできるかぎりヒーローパワーを使います。段々と相手が回答をなくしてきます。報復は気をつけましょう(ヘルスを12以下にしないように)。グロマッシュと叩きつけ、報復、残酷な現場監督のコンボに気をつけます。ドブネズミと乱闘を使ってくる事が多いので手札に強いミニオンだけを残さないようにしましょう。

 

レノメイジ

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、トーテムゴーレム、バーンズ(マナカーブがいいなら)

他のレノデッキと似ているマッチアップです。多くのレノメイジはソリアを入れています。つまりフレイムストライク、カザカスのポーションパイロブラスト、炎のポータルをタダで発動できるということです。ですから7ターン目にはこのことを考慮しましょう。このマッチアップは厳しいです。なぜならスペルでミニオンを処理されますし、アイスブロックがあるあkらです。血の渇きによるバーストダメージで倒しましょう。

 

シャーマン(翡翠+海賊+アグロ)

ライトニングボルトは序盤の除去のために、精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術(7/7のために)

これは耐えるマッチアップです。序盤は回答を続けて、終盤まで持ちこたえましょう。呪術を7/7に使う事はとても重要です。ですから野獣の精霊などでオーバーロードしすぎないように気をつけましょう。相手のオーバーロード数をちゃんと数えます。もし相手がオーバーロードによってカードを使えないということが分かれば、それを警戒しなくてよいと言う事です。相手の場に野獣の精霊と1体のトーテムがいるだけでもライトニングストームをうっていいです。ボードを取り戻すためだけに血の渇きを打ってもいいです。アラキアとラグナロスはこのマッチアップにおいてとても強いです。アヤに呪術を使いましょう。

 

ドルイド翡翠

精霊の爪、トンネルトログ、翡翠の爪(もしトンネルトログを持っているなら、精霊の爪よりもこちらがいいです)、野獣の精霊(もしマナカーブがいいなら)、トーテムゴーレム、メイルシュトロームのポータルも序盤の除去に使えます。ブラッドメイジサルノス(ライトニングボルト、精霊の爪があるなら)、呪術(ファンドラルや戦の古大樹など)

もし相手が翡翠のゴーレムを序盤にだしてきたりマナ加速を効率的にしてきたりすると負けます。しかしトーテムゴーレムや野獣の精霊や翡翠のゴーレムで序盤のボードを獲得すれば血の渇きによるバーストダメージで勝てます。

 

 

質問コーナー

炎の舌のトーテムが一枚なのですが?

ボードになにもなければただの役立たずです。一枚で十分だと思います。バーンズから出てくる事もありますから実質二枚です。しかし、二枚入れたいのならばそれでもいいでしょう。

 

野獣の精霊が一枚なのですが?

オーバーロードがあるからです。現在のメタでは多くの脅威に回答を持ち合わせていなければなりません。その状態ではオーバーロードが邪魔なのです。とくにこのデッキには2枚のライトニングストームがありますから

 

どうしてバーンズなんですか

トンネルトログ、炎の舌のトーテム、ブラッドメイジサルノス、アジュアドレイク、アヤ、地底よりのもの、アラキア、ラグ

 

なぜアラキアとラグが両方とも入っているんですか。強欲すぎでは?どうやって使うの?

この二枚は現在のメタにおいてとても強いです。レノロックとコントロールがとても多いからです。アグロデッキにはラグナロスに対する回答がありません。アラキアは挑発であり、なおかつ強大なダメージを生み出してくれます。もし両方ともが手札にきてしまったとしても悪いことではありません。アグロに対しては先にアラキアを投げて少なくとも2体のミニオンを処理してくれます。そのあと、ラグナロスはよりターゲットの少なくなったボードを的確に倒してくれます。コントロールにとっても処理しにくいミニオンです。終盤での脅威となるミニオンです。バーンズのバリューも高めてくれます。もし多すぎると思うならば、一枚抜きましょう。しかしこれは対コントロールのデッキなのだということも覚えておいてください。