INFOLATION

ハースストーンの英語記事を日本語訳にして載せます。twitterのアカウントはhttps://twitter.com/Qe8Gxです。フォローしてください

『能力の限界を見つめる事になってもかまわないから本気を出し』ても最低にかっこわるい

 

colorcolor1128.hatenadiary.jp

 

 こんばんは、上の記事からだいたい二週間が過ぎました。あれから仕事に対して本気になりました。周りの目からどう見えているかは分かりませんが、自分の中では本気になりました。

 暇な時間には、積極的に雑用を行い、売り上げ向上のために必死に頭を使い、成績向上のために先輩にアドバイスを積極的に頂きました。

 その結果……

 何も変わりませんでした!!!!!!!

 

 こんなもんですね。だって才能ないもの。過去記事でも書いたように、才能がないことと向き合いたくないから本気を出していなかった。そんな人間が今さら本気を出したってもう遅い。

 でも、いいやって思いました。少しだけ成長できたのかなって。少しだけ本当の自分と向き合えたのかなって。

 

 ごめんなさい、嘘です。そんなの。

 今日こそが僕のキャリアにおいてターニングデイだと決めて、朝から気合い入れて、一日中頑張っても結果が出なくて、十三で一人で飲んで、べろべろになって、居酒屋に入って、店長と楽しそうに喋る常連三人組を横目にビール飲んで、帰り道、高架下でアコギ弾きながら歌う小汚いおっさん見て、泣いた。

 たった一回しかない人生、僕には何もない人生だ。メディアに出演するスターにも大富豪にもなれない。ただただ平凡な人生を、いや、それすら無理かもしれない。絶望だ。たった一回しかないのに。

 ブログ書いて、決意を新たにして、本気出して、それでも無理だった。どれだけフラグ建てたと思ってんだよ。ちくしょう。

 明日も仕事だなぁ。月末になったら管理職に詰められるのかな。そりゃああんたに才能があっただけだろ。こっちだってやる気ないわけじゃないんだよ。やる気あるんだよ。「やる気出せ」なんて言わないで。でも「やる気はあるのにな」なんて言わないで。

 隣人は立派、将来有望才能人、そんなやつがさぁ、頑張れってさ、怠けて見えたかい、そう聞いたら頷くかい

 あんたが一番将来有望才能人だよ。 

 賢くなんてないよ。ただの馬鹿だよ。俺より勉強ができるやつなんていくらでもいる。俺より売れるやつなんていくらでもいる。俺より面白いやつなんていくらでもいる。俺より力があるやつなんていくらでもいる。俺よりかっこいいやつなんていくらでもいる。

 

 俺にはなんにもねぇなぁ。

 なんか才能あればいいのになぁ。あぁ、クソヤロウ。

 

 

2017年、天皇賞(秋)の予想だよ

 秋の天皇賞が今年もやってきましたね。去年はモーリスがその圧倒的強さを示したこのレース。やはり日本競馬界を代表するGⅠの1つだと言っても過言ではないでしょう。

 ということで僕の予想はこちら!

 

 サトノクラウン

 リアルスティール

 キタサンブラック

 ステファノス

 シャケトラ△

 ヤマカツエース

 以外は消し

 

 まずサトノクラウンに関しては、なぜここまで秋の天皇賞で惨敗し続けているのか分からない。去年のサトノクラウン宝塚記念を9番人気6着で終えている。そこから8番人気14着の惨敗。けど今年は宝塚記念を3番人気で1着。今年になってから明らかに本格化してる。明日は台風の影響で重馬場予想だけど、それも2016年京都記念を見れば、重馬場のなかで1着になっている。しかも鞍上はデムーロ宝塚記念も良馬場ではなかったし、雨は決して懸念材料にはならないでしょう。人気も伴った今では、十分期待できる馬だと信じています。

 

 リアルスティールは正直消したかった。毎日王冠で使い果たしたんじゃないかなと思ったからです。ただ、毎日王冠一着馬をさすがに秋の天皇賞で消せないなぁと思ったので、一応○印に。ディープ産駒+重馬場となるとさらに買いにくいんですが……

 

 キタサンブラックは◎印にしたいぐらい。前走の宝塚記念の惨敗は説明できないのですが、それでも一番人気になるでしょう。一番人気馬は秋の天皇賞において、過去10年、馬券圏外になったのがたったの一度だけ。今年いっぱいでの引退を表明していますし、このレースは有馬記念に向けての叩き台となる。と考えてここは○にしておきます。

 

 ステファノスは全くパッとしない成績なんだけど秋の天皇賞では人気薄なのに2着、3着ときている。だからもしかしたら今年も人気薄ながら馬券圏内に…?ということで。

 

 シャケトラとヤマカツエースはもしかしたら食い込んでくるかなーっていう程度です。

 

 というわけで、キタサンブラックサトノクラウン二頭軸で三連単マルチでいきます!!

 相手がたったの4頭だったら買い目もそこまで多くならないでしょ。

 

 あと、今日購入した

 

馬はなぜ走るのか―やさしいサラブレッド学

馬はなぜ走るのか―やさしいサラブレッド学

 

 っていう本がめちゃくちゃおもしろかったのでお勧めです。別にこのリンクから購入しても僕の手元には一銭も入らないので是非本屋に直接行って購入してください。

 

 では。

教えることが下手な人の特徴

 

 誰かに何かを教えることがとても下手な人がいます。私は、下手な教え方には3つの特徴があると思っています。そして、その全ての特徴の原因はたった一つ、『本当に理解をしていない』ということです。

 

  1. 質問にきちんと答えられない
  2. 本質を説明ができない
  3. 自信がない

 

  1. 質問にきちんと答えられない

 とても極端な例を出します。ほとんどのカードゲームにおいて、マリガンというシステムが採用されています。これは、対戦開始時のスターティングハンドを何枚か引き直すことができるものです。これによりドローという運要素をスキルで補う事ができます。マリガンでは『コストの高いミニオンを戻し、コストの低いミニオンを残す』ということが定石となっています。

 なぜでしょうか。

 これは、コストの高いミニオン=ゲームの後半で役に立つミニオンであり、コストの低いミニオン=ゲームの前半で役に立つミニオンであるからです。

 この部分の説明ができない人は、存在します。そういうとブログの読者の方々はきっと驚かれることでしょう。しかし、それはみなさんがこのマリガンと言うシステムを深く理解されているからです。

 これが学校教育ではこうなります。

 「先生。どうして英語には主格とか目的格とか所有格とかがあるの。全部Heにしてくれたら楽なのに」

 生徒がこのように質問してきたとしましょう。

 「He」が「him」やら「his」に変化するのはおかしいというのです。

 これに対する答えはこうです。

 「え? 英語はそうなんだからそうなるんだよ。そんなことより早く覚えて」

 もちろん、これではだめです。

 正しい答えは

 「日本語は、彼"の"といったり、彼"は"というよね。この、彼の後に付ける言葉によって意味を変えているんだ。でも、英語には、そんな後につく言葉は無い。だから、"彼"という単語自体を変える事によって意味を変えているんだよ」

 です。

 質問にきちんと答えるというのは、相手の質問の意図を汲み取り、満足させられるような答えを用意し、分かりやすく伝えるということです。決して、同じ説明を何度も繰り返すことではありません。

 

 2.本質を説明できない

 これは、「表面的な説明しかできない」とも言いかえることができます。

 唐突に話しは変わりますが、私たちはなぜ現代文という科目を学ばなければならないのでしょうか。よく言われます。「勉強をするのは、テストで良い点を取るためであり、テストで良い点を取ると良い大学に行けて、そこから大企業へとつながり幸せな生活を送れるからである」と。「言われた事をきちんとやる能力があると面接官に証明するためだ」と。

 馬鹿じゃないのか。

 現代文を勉強する意味は「限られた言動から相手の気持ちを読み取る訓練を行う」ことであり、英語を勉強する意味は「相手の文化をまずは言語から学ぼう」ということであり、数学を勉強する意味は「論理的思考を育てる」ことです。

 じゃあ就職で学歴がいらない社会になったら勉強やめるんですかって話です。古代ギリシャの人々は何をモチベーションに学習していたのかという話です。

 

 3.自信が無い

 自信が無い喋り方は絶対に聴き手に伝わります。聴き手が信頼を無くしたら終わりです。気を付けてください。

 

 

 以上!!

 

『能力の限界をごまかすために本気を出さない』とか最低にかっこわるい

 

 いつからだろう、本気を出せなくなったのは。

 『自分にはきっと才能がある』という不確かな希望に賭けている。それは確かになってはいけない。不確かだからこそ私はそれに望みをかけられる。

 本気になって本気になって本気になって、それでもダメだったとき。結果が変わらなかったとき。うまくいかなかったとき。私はどんな気持ちになるだろう。

 清々しい?後悔は残らない?経験になる?自信につながる?

 いやいや、絶望でしょ。本気になって、全部出しつくして、結果が付いてこなかったらどうしようもないってことだよ。自分には絶対無理ってこと。信じられない。びびっちゃうね。

 それが己の限界ってことだよ。たった一回しかない人生の限界ってことだよ。

 でもよかったね。本気を出さなかったら分からない。いわゆる「僕はまだ本気を出してないだけ」ってやつ。これほんと楽。どうしよもないぐらい気楽。

 本気出したくない。だけど結果は欲しい。それ完璧。だって才能があるってことだもん。努力しなくても結果がついてくるなんて。自分はなんて恵まれた人間なのだろう。

 いつからだろう。本気を出せなくなったのは。

 

 初めてレジェンドにいったのはちょうど1年前ぐらいかな。

 そのころ、ハースストーンに本気だった。ティア1のアグロシャーマン使って、一日中ラダー回して、相手のコンシードや回線切れを祈りまくって。どんなに泥臭くてもいいから勝ちたいって思って。もし負けたらイライラして。そのころ、結果が付いてこなかったらなんて考えた事もなかった。ただ、レジェンドになりたいだけだった。

 

 受験勉強だって、全力だった。生活のほとんどを勉強時間にあてて、周りの人にも勉強してるって自信満々に伝えて。これで落ちたら、周りの人間に「あいつ、めちゃくちゃ勉強してたのに落ちたとか才能ないんやな」って噂されるなとか微塵も考えなかった。

 

 

 それがなんだよ。今になっては、仕事にやる気ないフリなんてしちゃってさ。ハースストーン飽きたなんて言っちゃってさ。

 「やる気はあるのにどうして」なんて言わないでくれよ。「あぁ才能が無いんでしょうね」って言ってほしいのかな。言えないなぁ。ずっとずっと認めたくなかったことをなんで自分の口から認めないといけないんだろう。

 分かってるよ。こんな自分かっこわるいって。僕だって、泥臭く努力したけど結果が出なくて、それでも満足して笑ってるような男に憧れるよ。でも羞恥心に勝てない。プライドが邪魔をする。

 僕はこんなもんじゃないんだよ。もっともっとやれるはずなんだよ。なんで分かってくれないんだろう。

 

 今、ブログ書いてて分かった。あのときの僕は、結果だけ求めてた。強く求めてた。

周りの目も気にしてたかもしれない。プライドだってあったかもしれない。それでも、そんなこと気にしてられないぐらい必死に結果を求めてた。

 もう辞めてしまおう。仕事なんて。だから、それだけの間は本気で駆け抜けよう。

 もう何もかもどうでもいいじゃん。

 

 少しだけ、僕の憧れる僕になろう。

 本気出して、本気出して、本気出してダメだったら、思いっきり馬鹿にされて、悔しくなって、プライド傷つけて、自分は平凡な人間だと自覚して、

 

 そうやって

 少しだけ成長しよう。

 

JHUSさんのケレセスハンターのガイドの和訳

元記事はこちら

http://www.hearthpwn.com/decks/951313-jhuss-prince-hunter

 

 

まずはデッキリスト

コンゴウインコ×2

追跡術×1

獣の相棒×2

サメグマ×2

イーグルホン・ボウ×2

殺しの命令×2

猟犬を放て×2

パトコドー×2

猟犬使い×2

DKレクサー×1

サバンナハイメイン×1

ブラッドセイルの海賊×2

ファイアフライ×2

パッチーズ×1

ケレセス公爵×1

南海の船長×2

ヒドラ×2

リロイ×1

AAECAR8GrwSXCO0JkbwChtMCnOICDKgCtQOoBeUH6wfbCf4MpsECr8IC68ICicMC180CAA==

 

以下から翻訳

 

イントロダクション

みなさん、こんにちは。今回はハンターのデッキを紹介いたします。このデッキはケレセス公爵の入ったハンターのデッキの完成版です。おそらく「ハンターには多くの2マナミニオンがいるのにケレセスいれるんですか」という声が多くあがるでしょう。これに対する答えは「ケレセス公爵によるバフによりハンターは本当に多くの恩恵を受けるんです」ということです。もしまだ疑いがあるならば試してみてください。きっとみなさんは驚くことでしょう。

 

カードチョイス

ハンターのカード

コンゴウインコ 後に出せるミニオンを一枚与えてくれるなかなかの1マナミニオンです。2マナミニオンを与えてくれることもあるので、とても役に立ちます。例え重たいミニオンであっても後に勝利に繋がるミニオンとなるので、良いです。

 

狩人の狙い このデッキは除去をこのカードに依存しています。進化シャーマンといったアグロデッキと対決している場合は猟犬を放てと組み合わせる事もできます。

 

追跡術 マナカーブを整えたり、欲しいカードをサーチしたりできます。

 

獣の相棒 ハンターのデッキには必要不可欠です。三体の動物がそれぞれとても強いです。

 

サメグマ 呪文が効かないので、猟犬使いでバフをかけやすく、そうしたら大体勝てます。

 

イーグルホン・ボウ 秘策はこのデッキにないのですが、ボードを取るのに武器はとても役に立つので入れています。相手のフェイスを詰める事にも役立ちます。

 

殺しの命令 除去でもありリーサルダメージにも使えます。獣がいなければ5ダメージ与えられないという事は覚えておきましょう。

 

猟犬を放て ミニオンの数で圧倒してくる相手に有効なカードです。狩人の狙いと組み合わせれば大きなミニオンも倒せます。獣の相棒で出てくるレオックがいれば、バフがかかるということも覚えておきましょう。

 

パトコドー ボードを取るのに役立ちます。レオックやケレセスのバフがあれば3ダメージを放てます。

 

猟犬使い このカードのバリューはとても高いです。もし何もなくても4ターン目に出せるならためらわずに出します。

 

DKレクサー このデッキ唯一のAOEカードです。躊躇することなく出しましょう。

 

サバンナ・ハイメイン このカードのバリューはとんでもないです。(6/5という除去しにくいスタッツから2体の2/2がでてくる)もしこのミニオンを出せたならば勝てるでしょう。(沈黙をかけられない限り次のターンに4ダメージ保証されています)

 

中立のカード

ブラッドセイルの海賊 パッチーズを出すために使います。特定のマッチアップでは武器除去にも使えますね。

 

ファイアフライ これが最強の1マナミニオンでしょう。

 

パッチーズ もしケレセスでバフをかけれてたらこれが最強の1マナミニオンでしょう。

 

ケレセス公爵 このカードを引けたら勝率が10%アップです。でももしこのカードを引けなくても世界の終わりのように絶望しないで。

 

南海の船長 デッキの海賊たちとのシナジーがあるので、このカードを加えました。

 

ヒドラ 5マナで獣。効果による自分へのダメージを相手が悪用できないことを確認してから出してください。

 

リロイ・ジェンキンス このデッキのフィニッシャー

 

代替案

パッチーズを抜くなら以下のようにして海賊パッケージを入れ替えましょう。

2枚のブラッドセイルの海賊を抜く

パッチーズを抜く

2枚の南海の船長を抜く

2枚の野良猫+1枚のファイアバット2枚のファイアバット+1枚の野良猫、どちらかの組み合わせを入れる

2枚の縫い目の追跡者を入れる

 

リロイ・ジェンキンスをボーンメアかツンドラサイにする

DKレクサーをサバンナハイメインにする

ヒドラをコバルト・スケルトベインかツンドラサイにする

 

マリガンガイド

常にキープ

ケレセス

ファイアフライ

コンゴウインコ

追跡術

 

コインがあるとき

イーグルホン・ボウ

獣の相棒

南海の船長

 

マッチアップによるもの

ブラッドセイルの海賊 対ローグ、ウォリアー、シャーマン

サメグマ 対ドルイド、メイジ、プリースト

猟犬を放て 対ハンター、パラディン、シャーマン、ウォーロック

DKレクサー 対プリースト、シャーマン、ウォーロック

 

短いけど、ここまで

ちょっと怪しいけど、ハンターのデッキって結構少ないから試してみてもいいかなと思います。

 

f:id:colorcolor1128:20171024183814p:plain

欅坂が最高だったので、少しだけ語ります

www.youtube.com

「肩がいてぇ」

原因不明の肩の痛みと不眠に悩まされていた僕は、パソコンをつけて、目的もなくyoutubeを開いた。

使い始めてからもう6年ほど経つPCはyoutubeを開くことさえゆっくりとした動作で進める。

あなたへのおすすめ

ふと目をやると欅坂46とかいうアイドルの『世界には愛しかない』などというよくわからないアイドルのメンヘラこじらせましたみたいな曲があった。

特に聴きたい曲があるわけでもないので、クリックしてみる。

 

『ギャァァァァァァァァァァァ!!!』

ひ、ひぃぃぃぃ。

こっちが「ぎゃぁぁぁぁぁぁ」だよ。なんだよいきなり。びびるやんけ。

ゆったりとしたピアノから始まっているあたり確信犯。あ、ゆったりとしたラブバラードかな?と思わせといての奇声。なにそれ。

驚いて画面を見たら可愛いショートカットの女子高生がいたから許した。あとなんかギター弾いてたしドラムも叩いてた。

「歩道橋をかけ上がると」

えぇ……いきなり朗読始まったやん。アクアタイムズの初期の頃やん……中二の頃を思い出すからそういうのやめてくれほんと。

ここから、歌い出したかと思うとまた朗読。

「歩道橋をかけあがると夏の青い空がすぐそこにあった。絶対届かないって分かっているはずなのに僕はつま先で立って、思い切り手を伸ばした」

おぉ、そうか……

このあたりで、「この胸に溢れる君への想いがもどかしい」と歌ったあとに駆けていく女の子二人をもどかしそうに女の子が見つめています。

え、同性愛?あぁ~いいですねぇ~好きですねぇ~。

「真っ白な入道雲がもくもくと近づいて、どこかで蝉たちが一斉に鳴いた。太陽が一瞬、怯んだ気がした。」

「複雑に見えるこの世界は単純な感情で動いている。」

ここを朗読している髪の毛長い女の子の容姿はあまり好きではないです。だから、イラッとしました。なんだ蝉たちが一斉に鳴いたら太陽怯むって。太陽が怯むわけないだろ。愛っていう単純な感情で動いているって言いたいんでしょ。もういいよ、そういう文学的な表現使ってそれっぽくしましたみたいな。オタクはそういうので喜ぶかもしれないけど俺はそういうのもういいから。やっぱりブログを書くようなレベルまでいくと見抜いてしまうっていうか、みんなが楽しめるレベルのものでは楽しめないから結果的に損しているみたいな、

 

「世界には愛しかない~~~」(こちらに向かって大草原を走ってくる真っ白な乙女たち)

好き好き好き~~~~~惚れちゃう~~~~。え、ここまで密閉された暗い体育館みたいなので小さく踊っていたのはここまでの伏線だったってこと?やっば。みんな全力の女の子走り。誰ひとりとして手を抜いていない。そこからサビが始まるんだけど、間空きすぎ。もっとみんな一か所に集まればいいのに。

f:id:colorcolor1128:20171021105439p:plain

こんなに離れてたら、皆の顔見えないじゃん。みんな必死に踊っているのに。

あと、サビの右手左手と順に上に下からフリ上げる部分の振り付けいいですね。チンコぶたれてるみたいで。

 

「空はまだ明るいのに突然雨が降ってきた。僕はずぶ濡れになりながら、街を走った。」

「夕立も予測できない未来も嫌いじゃない。」

あ、『太陽が怯んだ』って蝉が鳴いたから怯んだわけではなくて、雨降りそうだったよ~ってことか。そういうことね。ごめん、勘ちがいしてた。天気悪くなってきたっていうことの比喩だったのね。夕立も予測できない未来も嫌いじゃないってことは、突然意味不明な災難に襲われても、まぁそれはそれでオッケーってことか。じゃあもういきなり痴漢させてくれ。

「全力で走ったせいで、息がまだ弾んでた。自分の気持ちに正直になるって清々しい。僕は信じてる。世界には愛しかないんだ。」

あぁ~告白したかぁ~。雨やんだみたいでよかったです!あ。もしかして、体育館の中から外に出てくるのも雨がやみましたよっていうことを表しているのかな。

 

 

2周目

2回目ともなると最初の奇声にびっくりすることもありません。それどころか新たに気付いたことがありまして、女の子に向かって椅子が並んでいるんですよね。体育館なのに。体育館って、多分密閉された暗い空間というか、学校特有の重たい空気に包まれた空間の暗喩だと思うのですが、その重たい空気を強調するために、椅子を並べているのかなと思います。前に立たされたあの緊張感を思い出しますね。

てか、この子ずっと右手のひら見つめてるな。爪が伸びすぎているのかな。

あ!描いてる絵が大草原じゃん。すごいすごい。ここ伏線なのね。

椅子から立ち上がって朗読を始めたあたりから気づいたけどこの椅子は単純にミュージカル風にしたかっただけなのかも。気取って解説してた4行前の自分、恥ずかしすぎる。

そして、歌いだす三人。後ろに座らされている女の子たちかわいそう。

最初に秘密を持ったのはいつだろう?

大人はみんな嘘が多すぎて忘れてる

いや、忘れてないよ俺は。俺が初めて秘密を持ったのは小学6年生の夏休みでしたね。

はい!きました!右手左手ふりあげダンス!

 

いきなりホームランを打つ野球部男子。いや、それいる?いきなりどうした?

また体育館に戻って、これ。

f:id:colorcolor1128:20171021111430p:plain

えぇ……(どんびき)

この子たちって、まだ20歳にもなっていない子がほとんどじゃないの?いっても20代前半でしょ。22歳にもなって、毎日の営業成績貼りだしに一喜一憂してメンタルやられてる俺の日常より厳しいリアルはそこにあった。顔すら見えないじゃん。もうこの役目適当なエキストラでいいじゃん。どういう気持ちなんだろう。「あ、傘回しといて笑」って言われたときの気持ち。

上京して、ようやく憧れのアイドルになって。

 

そして、さきほどホームランを打ったと思われる野球部男子に下駄箱で手を握っているショートカット(外はね)女の子。それを傘持って影に立つロングの女の子。

教室で見つめ合うロングと外はね。そのロングの腕を掴み雨のあがった外へ引っ張るもう一人のロング。それを見つめるショートカット。

複雑すぎ!

外はねは男の子といい感じで、ロングはその男の子の事が多分好きで、でも別のロングがそのロングのことが好きで、外はねじゃないショートカットは、ロングか別のロングのことが多分好き。

 

よくわからんけど、「僕らの上空に虹がかかった」って歌ってるからハッピーエンドだったんだろうと思います。

そして、最後の朗読。

ここで大草原をこっちに向かってみんなが歩くのですが、

ここで初めて顔を見えた人がいっぱいいた。

 

 

結論

欅坂、すごくいいし、めちゃくちゃハマっているのですが、残酷すぎませんか。

 

no title

 コンビニに入った。静かな店内には、最近、よくテレビでも聞く曲が流れている。歌詞は、多分『頑張れ』だとか『諦めないで』だとか『夢を追いかけて』だとか、そんなんだったはずだ。

 僕は買い物カゴに2リットルの水を放り投げた。お弁当は選択肢がもう限られていた。廃棄されるのを待つお弁当たちの中から一つ選ぶ。今日は贅沢のから揚げ弁当にしようかな。

 それからプリンやらポテトチップスやらを追加された買い物かごはじっくりと僕の左腕を痛めつけた。

 

 家に戻って「ただいま」と小さくつぶやく。真っ暗な部屋に誰かがいるはずもないのに。就職当時に付き合っていた彼女と、同棲していたこの家は一人で住むには少し広すぎる。家事が全くできない僕は、埃と名前も知らない小さな虫たちにこの部屋を提供していた。かつて二人で愛を重ねた寝室は大量のごみ袋が占領している。

 彼女がいなくなったのは、二年前。ちょうど就職してから一年が経った春の事だった。彼女は、ある日突然いなくなった。どこに行ったのかも分からない。何度だって連絡したけれども、全く返事は無い。ときどき、あの子の存在は最初から僕の妄想だったのではないかと疑ってしまうが、部屋に残された彼女のパジャマや歯ブラシが僕が正常であると教えてくれた。どうしてこの家から出ていったのか、全く分からない。きっとそんな僕のせいだろう。

 それから3カ月が経った。新しい出会いはまだない。出会いを作る暇さえなかった。

 仕事に追われる日々は別に今に始まったことじゃない。就職してからずっとだ。不動産業だから仕方ない。そう自分に言い聞かせた。それでも体と精神は悲鳴をあげていた。癒しは彼女の存在だけだった。彼女の手作りの料理を食べれば、まるでゲームの中の勇者のように体力が全回復した。あの頃は、『未来の嫁の為に必死で仕事を頑張っているサラリーマン』を演じていた。そんな自分は大人だなって優越感さえあった。

 

 コンビニ弁当を一人で食べる度にこんなことを考えてしまう。温められた唐揚げを口いっぱいに頬張る。彼女の料理のような暖かさはそこにはなかった。

 弁当を食べきると、横になってしまった。何をしているんだろう僕は。

 

 子供の頃から目立たない男だった。運動ができるわけでもない。勉強ができるわけでもない。それでもいじめられないように大人しく生きてきた。何もできないくせに、いじめられない。それだけが得意技だった。

 高校まで何事もなく過ぎていった。それなりに恋愛もした。まだその頃は童貞だった。

 僕の初めては大学の時の彼女だった。その子が初めてで、まだ僕はその子の中しか知らない。大学の4年間で何度も行為をした。それから同棲して、仕事でお互いに疲れてしまった日はそのまま寝る事も何度かあったけど、週に5回はやっていた。ある日、笑いながら彼女がいった。

 「飽きてるでしょ」

 

 気づけば、眠りに落ちていた。時計の針は深夜3時を指している。視界がぼやけている。涙を流していた。

 元カノを思い出したからか。仕事が嫌だからか。目覚めたからか。分からなかった。ただ涙が止まらなかった。

 僕はおもむろに立ち上がり、タンスの棚に腕を突っ込む。あった。僕が誕生日プレゼントに買ってあげたピンク色で花柄のパジャマ。

 それを鼻に押し付ける。まだ匂いは残っていた。フローリングに体を擦りつける。右手はズボンの中に伸びていく。

 左手でティッシュを箱から何枚か引き出して、股間に当てた。パジャマは置いた。

 「なにやってんだろ」

 そう呟いて、また寝た。

 

 会社につくと既に何人か出勤していた。勤務開始1時間前についた僕がまるで遅刻してきたかのようだ。いくつかの目線が刺さる。まるでガラス片のように心に突き刺さる。

 みんな虚ろな目をしていた。中には小さく手が震えているやつもいる。大きな足音がする。支店長だ。

 「おはよう。今日も稼ぐぞ」

 思わず耳をふさぎたくなるほどの大声と共に鬼が出現した。地獄の始まりだ。

 バシンッと大きな音とともに頭を平手で上から叩かれた。

 「お前、今日はなんぼ稼いでくれるんや」

 俯いて僕は答える。

 「一件、契約取れたらなって」

 「お前毎日それやんけ。そういって、何件取れたんや。おう、言ってみいや」

 僕はまだ入社してから一件も契約を取っていない。つまり、お金を一銭も稼いでいない。やる気が無いわけではない。『売れるセールスマン』とタイトルに書かれた本はだいたい本屋で立ち読みをした。無遅刻無欠席だ。僕だって。

 

 

 

 

 くそやろうが。これまでは、だいたいのことは努力すればできた。努力しないとだいたいのことは上手くいかなかったけど、努力すればうまくいった。大学受験だって運動会だって球技大会だって好きな女の子だって。

 なんで仕事っていう、人生で一番大事な部分だけうまくいかないんだよ。

 なんで君っていう、人生で一番大事な人だけうまくいかないんだよ。

 もう無理だよ。辞めたいよ。会いたいよ君に。もし君に、もう一度会えたら「辞めていいんだよ」って言ってくれるかな。それとも「もう少しだけ頑張ってみたら」って言ってくれるかな。分からない。5年間も一緒にいたのにそんなことすら分からない。

 僕は君が好きだった。好きだったから、君の前では泣かなかったし、君を束縛もしなかったし、嫉妬しても言葉に表さなかったし、男友達と遊んでも全然気にしないふりをしたし、無理をしてプレゼントもしたし、おしゃれな服を着たし、君と会う前の日は髭も剃ったし、君が僕の事を友達になんて言っているのかを友達にこっそり聞いたし。

 僕は。

 僕は、そんなことしか君を喜ばせる方法を知らなかったよ。